レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ウィザードリィ 外伝I 簡易攻略メモ

このページでは、ウィザードリィ 外伝Iの簡易攻略メモを掲載しています。

最初のおすすめパーティー編成

戦士、戦士、僧侶、盗賊、魔法使い、魔法使い

ちなみに種族は全員能力値バランスのいい「人間」にしておき、性格は全員「悪」にしておく。

ファミコン版のウィズ1〜3では、最初からビショップを入れても問題なかったのだが、今回は敵が強く、直接攻撃が当たりにくいし、カティノやモンティノの効き具合が悪くなっているので、最初からビショップをパーティーに入れるのはお勧めできない。魔法使いが2人になると攻撃魔法でバリバリ進むことが可能なので、かなりお勧め。

マーフィーズゴーストについて

今回もマーフィーズゴーストは存在するものの、B2Fまで出向かなければならず、睡眠攻撃を使ってきたり、攻撃の回避率がいままでのマーフィー先生と比べてやたら高かったりという特徴があるので、経験値稼ぎ目当てでは使いにくくなった。普通にB2Fに降りて準固定敵(通過すると、ほぼ確実に敵が出現するポイント)を倒して経験値とアイテムを稼ごう。従来のウィザードリィと同じく、準固定敵しか宝箱を出さないので注意。

仕様変更に注意

ウィズ3から比べると、今回は色々と仕様の変更がある。射程の概念は言うまでも無いが、その他にもセレクトかスタートボタンを押して発見することの出来る「シークレットドア」や、鍵のかかっているドアを無理やりこじ開けることのできるシステムがあるので注意。

また、今回は持続魔法(ラツマピックなど)がリセットしたり「中断」したりしても効果が切れないので、是非「マポーフィック」をかけておこう。ちなみにスタート+セレクト+B+Aの同時押しでソフトリセットができる。

レベルが13になったら…

レベルが13になって僧侶と魔法使いが最高レベルの呪文を習得したら転職する。転職の準備としてB1Fにいる準固定敵を利用(友好的なモンスターが出るまで逃げ続ける)して、性格を全員「善」にしておこう。性格を変え終わったら、僧侶はサムライに、魔法使いはそれぞれロードとビショップに転職する。これで、3人も全ての魔法を使えるキャラができたし、戦士×2、サムライ、ロードと、強力な武具を扱えるキャラが4人もいることになる。なおかつビショップも参戦するため、アイテムの鑑定も可能になるわけだ。魔法使い経由のビショップは、レベルが10代でもマロールやティルトウェイトを使いこなせるため、戦力的にも十分の存在だ。

終盤

異次元の3Fには面倒なプレートを踏むイベントがあるが、最後に踏んだところに出来る泉はイベント終了後にはMP回復の泉になるので、稼ぐときには大いに利用しよう。2F〜3Fを利用して、戦士のレベルを25ぐらいまで上げておく。中ボス「ミーミアー」を倒したときに手に入る「オーディンのひとみ」は、イベントアイテムなだけでなく、ACを-2下げる効果があり、呪文などに抵抗し、なおかつ使用すると「モーリス」を無制限に使えるという非常に便利なアイテムだ。盗賊などに持たせておくと効果的だろう。

ラスボス戦

戦士のレベルが25になったらラスボスに戦いを挑む。第一戦のライカーガスを中心とした戦いと、第二戦のソークスの戦いの両方に勝つ必要がある。両方とも強力な魔法を使ってくるが、こんなときは「コルツ」を使おう。一見地味な魔法だが、レベルが上がるごとに呪文無効化の確率が上がるし、なんといっても重ねがけでどんどん強力になるのがポイント。魔法を使ってくる敵と戦うときには、コルツをバンバン使おう。ラスボス戦はどちらかと言うと、ソークスよりも前哨戦のライカーガスのほうが仲間を呼ぶ分、手ごわいような…(^^;)。戦闘終了後に、遺品(?)の剣を城に届ければ、めでたくゲームクリア。女王様から「友情の証」という称号がもらえ、クリア後は城に行くと女王様にいつでも会えるように…、といっても、一言挨拶して追い返されるだけだが(笑)。

クリア後のお楽しみ

ゲームはこれでクリアとなったが、実はこのゲームはこれからが本番だ!異次元5Fには、中央に入れないエリアがあったはず。その扉の鍵が開くようになっているので、8・8の座標からワープしてみよう。すると、未知の6Fにワープすることが出来る。ここで出てくる敵は非常に強力だが、代わりに獲得できる経験値は桁外れだし、レアアイテムも沢山ゲットできる。このゲームは、ボルタック商店のリストを全部埋めて、店を出ようとすると「てんせいのしょ」という真のクリアアイテム(?)がゲットできるので、是非アイテムコンプリートを狙ってみよう!ちなみに、「てんせいのしょ」捨ててしまってもボルタック商店に行けば何度でも手に入れることが可能だ。

いよいよ忍者に…

6Fで稼ぎまくって、盗賊のレベルが50を超えたら、いよいよ忍者に転職!転職と言っても訓練所で転職するのではなく、「とうぞくのたんとう」のスペシャルパワーを使って転職する。レベルがそのままで忍者になれるので非常に便利。このぐらいのレベルになると、忍者はアイテムを装備するよりも、何も装備しないほうが強いはず。このゲームの忍者は何も装備していないと「長距離射程」扱いの攻撃をすることができるので、後列からでも攻撃が可能だ(もちろんクリティカルヒット付き)。忍者は、宝箱の罠の解除も可能なため、非常に強力な存在だ。

また、忍者を作ったら、最後に経験値の調整を行っておこう。「とうぞくのたんとう」を使ってクラスチェンジすると、経験値とレベルはそのままで忍者になってしまうので、次のレベルに上がるのに数百万の経験値が必要になっているはず(盗賊と忍者は、成長のスピードが違いすぎるため)。そこで、わざとエナジードレインを食らってみるのをお勧めする。

何も装備していない状態だとACが低すぎて攻撃が当たらないので、ボルタック商店で「たて」あたりを忍者に買い与えて装備させ、ACを悪化させておく。次に、忍者を前衛に出しておき、異次元5Fに出てくるバンパイアやソウルトラッパーの攻撃をわざと食らって忍者のレベルを1下げてもらおう。損した気分になるかもしれないが、実際には、レベルにあった経験値に修正(つまり大幅アップ)されているので、結果的にかなり得することになる。ステータス画面で経験値の値を確認してみると、大幅アップしているのが分かるはずだ。

ちなみに、「エクスカリバー」のスペシャルパワーはロードに転職する力があるので、戦士2人をロードにしておくのもよい。作ったらもちろんドレインをわざと食らって、経験値を修正しておこう。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ウィザードリィ外伝 I

ウィザードリィ・外伝1のすべて
ウィザードリィ・外伝1必勝攻略法 (ゲームボーイ完璧攻略シリーズ)
ウィザードリィ・外伝1 女王の受難 (ゲームボーイスーパー攻略ガイド)

ウィザードリィ・外伝1 女王の受難 (双葉文庫―ゲームボーイ冒険ゲームブックシリーズ)




レトロゲーム攻略に戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system