レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ファミリーコンピュータ(ファミコン)

「ファミリーコンピュータ」といえば、1983年7月15日に任天堂より発売された家庭用ゲーム機ですね。「ファミコン」の愛称で親しまれ、伝説的な記録や逸話を数々残す、名機中の名機といってもいいハードでしょう。

任天堂といえば、ファミコン以前は「花札」「トランプ」「麻雀牌」といった、今では考えられないぐらい地味な商品を発売していました。1970年代になると、「ラブテスター」や「光線銃」のような電子機器も取り扱うようになり、1980年代には今は亡き横井軍平氏の手により「ゲーム&ウオッチ」が発売される事になります。この辺りから「ゲームの任天堂」というブランドイメージは徐々に浸透していきましたね。そして1983年に発売されるファミコンで任天堂の知名度は急激に上昇する事になります。

ファミコンは、当時としてはかなりのハイスペックマシンでした。CPUにはリコー製RP2A03(8ビットCPU)を採用しているんですが、このCPUは当時非常に高価だったパソコン用のもの(APPLE II)と殆ど同じものだったんです。高級パソコン用CPUを搭載しているだけあって、その高性能ぶりは当然といったところでしょうか。当時のアーケードゲームを、殆どそのまま移植できてしまうファミコンの性能には当時はかなり衝撃的でしたね。ファミコンと全く同じ日にセガから「SG-1000」が発売されたのですが、残念ながらファミコンの性能には全く歯が立ちませんでした(^^;)。特に私は初めて買ってもらったハードが超低性能なカセットビジョンだったため、友人宅にあるファミコンが羨ましくて仕方ありませんでしたね。しばらく経ってようやくファミコンを買ってもらいましたが。

ハードウェアのスペックも文句なかったんですが、ソフトの豊富さもずば抜けていましたね。任天堂自ら人気があったアーケードゲーム「ドンキーコング」「ドンキーコングJr」などを発売していましたし、サードパーティーからも数多くのゲームが発売されました。特にナムコの功績は大きく、人気のアーケードゲームは軒並み移植されていましたね。「ギャラクシアン」「パックマン」「ギャラガ」などはアーケード版と遜色ない出来でしたし、何よりも「ゼビウス」が移植されたのが大きいですね。あの伝説的なシューティングが家の中で遊べるなんて!!と、当時のゲーム好きの子供達は誰もが熱狂したもんです。

1985年以降になると「ポートピア連続殺人事件」や「ドラゴンクエスト」のようなアクション性の低いゲームも登場し、アクション的な要素が苦手な成人層にも人気を博すことになりました。この辺りになるとファミコンの知名度は確固たるものとなり、老若男女問わず「ファミコン」を知らない人はいないといってもいい状況になりました。

余談

・初期のファミコンのコントローラーは四角ボタンだった!
これはかなり有名な話なんですが(^^;)。初期のファミコンはゴム製の四角ボタンだったんですが、後に採用された丸いプラスチックのものと比べてかなり押しにくく、しかも壊れやすいという困ったものでした。ファミコン本体を任天堂に修理に出すと、四角ボタンから丸ボタンに変更してくれるというサービスも行っていたようです。

・ファミコン本体の消費電力は4W!
最近のパソコン用のCPUやビデオカードは100Wオーバーの地球に優しくないものが多く、ゲーム専用機であるプレステ3も150W程度消費してしまうというなんとも困った事態になっていますが、ファミコンはとても地球に優しく、4Wしか消費しません。冷却ファンはもちろんのこと、ヒートシンクすら付いていないというのは今では考えられないですね。

・ファミコンの性能は、月面着陸に成功したアポロ11号を凌駕!
「トリビアの泉」で紹介されたネタです。アポロ11号といえば1969年に初めて月面着陸に成功したロケットとして有名なのですが、そこに積まれたコンピューターとファミコンの性能を比較すると、処理速度で10倍、メモリ容量で100倍ぐらいファミコンが優れているんだそうです。全世界が注目したアポロ11号の性能を、数年後の家庭用ゲーム機が大きく上回ってしまうとは、本当にコンピューターの進化のスピードって物凄いものがありますね(^^;)。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ファミリーコンピュータ 本体
ツインファミコン 本体
ファミリー コンピュータ(AV仕様 ファミコン)




レトロハード・周辺機器・グッズに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system