レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

いただきストリート ゴージャスキング

いただきストリート ゴージャスキングは、1998年にエニックスからプレイステーション用ソフトとして発売されました。

大人気のボードゲームである「いただきストリート」の第三弾が、このゲームです。ゲーム内容は2のリメイク的な内容になっており、第三弾であるにもかかわらず「3」ではなく「ゴージャスキング」というタイトルになっているのが特徴です。ゲームシステム自体は、2とほとんど変わっていませんし、グラフィックのクオリティもスーファミ版とほとんど同じですね。

今回から新しく追加されて要素として「すごろくタウン」モードが登場しました。これは、ドラクエ3で登場した「すごろく」をアレンジしたもので、このモードをクリアしていくと、隠しキャラや隠しマップなどが登場していく仕組みになっています。

ゲームシステムは2と変わらないので安心して遊べる…、と思いきや、このゲームには致命的な欠陥があります。それが「CPUキャラのルーチンの劣化」。ハードがスーファミからプレステに移行したので、さぞかしCPUの思考ルーチンも強化されているだろう…、と勝手に考えていた私はがっかりしましたね。

今回のCPUキャラの最大の特徴は「CPUキャラ同士が取引しない」ということです。今までは、CPUキャラ同士が取引して、楽勝ムードだったのが、一気にピンチに陥ってしまったりしてとても面白かったんですが、ゴージャスキングではそういった要素は一切排除されています。この仕様のおかげで、非常に難易度が下がっており、緊張感が全くありません。

このCPUキャラの劣化により、私は2で大苦戦したトーナメントモードもいともあっさりクリアしてしまい、あっという間に飽きてしまったという苦い思い出があります。「すごろくタウン」モードもそんなに面白くありませんでしたし…。

あと、音楽が劣化したのも痛いですね。前作で心に染みる美麗なBGMを提供してくれた筒美京平氏は今回開発に参加していないようで、内部のスタッフが作曲したようなんですが、前作とは比べ物にならないぐらいBGMの質が劣化しています。これも非常に残念だった要素です。

私はゲーム雑誌でゴージャスキングを見たときに「2の正統進化バージョンだから、2はもう不要だな」と思い「いたスト2」を中古屋に売ってしまったんですよね。しかし、ゴージャスキングの出来を見て、慌てて2を中古屋から買い戻したという苦い記憶があります(^^;)。もちろん、ゴージャスキングが変わりに売られたのは言うまでもありません(笑)。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)

いただきストリート ゴージャスキング





その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system