レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

半熟英雄 対 3D

「半熟英雄 対 3D」は、2003年にスクウェア・エニックスからプレイステーション2用ソフトとして発売されました。

FFシリーズと比べるとだいぶ差があるものの、静かな人気を誇っていた半熟英雄が約10年ぶりに復活し、続編が発売されました。このゲームがその続編というわけです。

切り札やたまごを使い、敵城を攻め落としてボスと対決する…、というシステムはスーパーファミコン版と全く変わらないのですが、全体的にかなり問題が残る作品になっています。

このゲームは、最新の3Dゲーム技術を批判するような内容をストーリーに組み込んでいるという、他に例がないものになっているんですが、鬱陶しいボイス、長いムービーといったような、CD-ROM世代以降のゲームにありがちな欠点を多数抱え込んでいるというなんとも困ったゲームになっています。「最新のゲーム技術」を批判するんなら、鬱陶しいムービーやボイスは全廃するべきなのでは?

一番困るのがボイススキップ機能がないことです、一応倍速で飛ばす事は出来るんですが、その機能を使うと、通常メッセージが超高速スキップされてしまって読めなくなってしまうという致命的な欠点があります。メッセージの履歴をチェック出来る機能でもあればいいんですが、このゲームにそんな気の利いた機能はあるはずもなく…。

そもそもストーリーが全く面白くなく、ゲーム本編も単調極まりない内容なので、褒めるところを探すのが非常に困難です。適当にこのゲームの特徴を羅列してみます。

・通常戦闘が大幅改悪。テンポが悪くなり、戦略性が皆無に。○ボタンを押しっぱなしにして敵に突っ込むだけの作業。
・敵がたまごを使わないので、戦闘が完全に作業に。
・ボスが意味もなく硬い。どうせボス戦も完全な作業ゲーなんだから、HPはもっとすくなくていい。
・前作では非常にキュートだった女将軍が全然可愛く無くなった。
・騎馬将軍が死ぬほどブサイク。
・ランプキンとか染之助染太郎のイベントが、倍速でもとんでもなく長い。
・戦闘終了後のロードがとんでもなく長い。
・ヒロイン(?)のカトリイネが毎月登場して、自軍の資産をピンはねする。しかも、ボイスが倍速でもクソ長く、しゃべる内容のパターンも非常に少ない。
・敵将軍が人間とは思えないグラフィックで登場する。前作はちゃんと人間のグラフィックだったのに、今作では女将軍も化物っぽい姿になっている。しかも、終盤では寿司の姿になっていて気色悪い。
・エッグモンスターを公募したらしく、考案者が顔写真付きでゲーム内に登場する。とても寒い演出なので気分が悪い。
・意味なく実在の商品のCMが挿入される。ガリガリくんとか、いかのよっちゃんとか…。それらがゲームに影響を及ぼすなんてことはないので、ただたんに気分が悪いだけ。
・よく知らない芸能人(鉄拳)が何度も登場して気分が悪い。
・エンディングも吐き気がするほど気分が悪い内容。

上にも書きましたが「あ・た・し」こと、カトリイネがこのゲームの最大のガンかも。見た目も性格もこの上ないぐらい最悪で、誰が喜ぶのかサッパリわからないキャラです。ゲームなどの世界では、いわゆるブスを登場させるのは禁物と言われていますが、あえてセオリーに逆らって登場させたのに、こんな気持ち悪いだけのキャラにしてしまうとは…。

鉄拳のウザさも半端ありません。個人的に10年ぐらいまともにバラエティー番組を見ていないので、この人を知らなかったってのもあるんですが、セリフ棒読みで、笑えるポイントが全くないのはどうかと。

心から愛したファミコン版半熟英雄や、まずまず楽しめたスーファミ版から、このゲームはなんでここまで劣化してしまったのか…。

このゲームは致命的な欠点が多数あるんで、挫折してしまった人も多いとか(^^;。そりゃそうだよなぁ。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
半熟英雄 対 3D (初回限定版)
半熟英雄 対 3D(通常版)




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system