レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ぷよぷよフィーバー

「ぷよぷよフィーバー」は、2003年にセガからアーケード版が発売。その後に、各ゲーム機に移植されました。

ぷよぷよシリーズといえば、人気シリーズながらも、制作会社であるコンパイルの倒産によって、「ぷよぷよ〜ん」「ぷよぷよBOX」以降は、新作が発売されていない状態でしたが、ぷよぷよの版権を受け継いだセガによって製作されたのが、この「ぷよぷよフィーバー」です。

プレイしてまずはじめに気がつくのは「キャラクターと、キャラクターデザインの一新」という点でしょう。コンパイル製ぷよぷよの場合は、同社製の魔導物語のキャラクターを登場させていたのですが、今回は開発がセガになったことによって、キャラクターのラインナップがほぼ一新されました。魔導物語のキャラクターは、アルルとカーバンクルしか登場していないという有様です。しかも、そのアルルも主人公の座を追われています(^_^;)。

で、その肝心の新キャラクターおよび、キャラクターデザインですが、どうやら従来のマニア層を切り捨てて、低年齢層にシフトしているようなデザインになっているのが特徴です。「ぷよぷよ」という名前じゃなければ、特に感想はなかったと思うのですが、いかんせんあの超人気シリーズであった「ぷよぷよ」であることを考えると「イマイチ気にいらない」という感想が出てくるのも仕方ないことでしょう。まるでマニア層を切り捨てて、大失敗したドリームキャストを彷彿とさせます。

キャラクターの名前一つとってみても「おしゃれコウベ」なんつーのはいかがなもんでしょうか。「おしゃれ+しゃれこうべ」の合体で「おしゃれコウベ」。セガのセンスは相変わらず微妙です。

肝心のゲームシステムにも大きく変更がありました。相手の攻撃を相殺するときに「フィーバーゲージ」というものが貯まっていき、MAXまで溜まると「フィーバーモード」というモードに入って、初心者でも大連鎖で攻撃することができるようになります。これはこれでいいんですが、運が悪いといつまでたってもフィーバー中にハズレのぷよばかり降ってくることがあるのが難点ですね。この仕様のせいで、従来のぷよぷよと比べると、運ゲー色が強まったと言えます。

あと、キャラクターによって、ツモのパターンや攻撃力の計算式が変わってくるというのはいいんですが、一人プレイモードのときはキャラクターが自由に選択できないというのが難点ですね。上級者コースでは、自力大連鎖を組まないと使いものにならないラフィーナしか使えないため、大連鎖が組めない人は苦戦必至です。

あと、細かいことなんですが、通常難易度で上級者向けコースに行くと、ぷよの色がこっちのほうが一色多くなってしまうのが難点ですね。落下スピードが早いぐらいならともかく、ぷよの色が一色多くなってしまうというのは相当のハンデですし、とても不公平感があってイライラします。

なお、PS2版はだいぶ初期に発売されただけあって、裏技の数が少ないですし、操作性もかなり悪い(特にぷよの左右の移動が遅い)ので、あまりおすすめできません。

全体的に、作り込みの甘さが目立ち、キャラクターの魅力にも欠けますので、それほどオススメできるゲームではありません。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ぷよぷよフィーバー (Playstation2)
ぷよぷよフィーバー お買い得版 PlayStation 2 the Best
ぷよぷよフィーバー (GameCube)
ぷよぷよフィーバー (Xbox)
ぷよぷよフィーバー(DS版)
ぷよぷよフィーバー(PSP版)
ぷよぷよフィーバー (Game Boy Advance)
PC 版 ぷよぷよフィーバー 価格改定版(Windows版)
ぷよぷよフィーバー(Mac版)




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system