レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ぷよぷよSUN

ぷよぷよSUNは、1996年にコンパイルからアーケード版が発売。その後に、各ゲーム機に移植されました。

このゲームは、大人気の落ち物パズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズの三作目となるゲームです。前作と同じくタイトルに少し捻りを加えており「ぷよぷよ3」ではなく、「ぷよぷよSUN」というタイトルになっています。

タイトルの「SUN」は、ストーリーにも深くかかわっているのが特徴です。今までのぷよぷよシリーズはこれといったストーリーが存在しなかったのですが、今回は「太陽を巨大化させたサタンを懲らしめに行く」というストーリーが付属しています。

このゲームは、基本的に「通」のゲームシステムである「相殺」や「全消し」などを受け継いでいるのですが、今回は新たに「太陽ぷよ」が追加されています。このゲームでは相殺すると「日輪相殺(にちりんそうさい)」という現象が自動的に起こり、相殺した回数分の太陽ぷよがお互いのフィールドに降ってくるようになっています。

太陽ぷよの消し方は、おじゃまぷよと同じく、普通のぷよの消滅に巻き込めばいいのですが、おじゃまぷよと違い「攻撃力が上がる」というボーナスが付いています。連鎖に巻き込むと爆発的なおじゃまぷよを相手に送り込む事が出来るんです。2連鎖程度でも、太陽ぷよを巻き込むと通常の4連鎖程度のおじゃまぷよを送り込む事が出来るので、相当強力といえるでしょう。

しかしこの太陽ぷよは、「ランダムで降ってくる地点が変わるので、運の要素が強くなった」「連鎖の起爆点を太陽ぷよで塞がれると、ストレスが溜まる」といった理由から、「通」をやりこんでいたユーザーを中心にあまり高い評価は受けられませんでした。個人的には初心者にも上級者に勝つチャンスが生まれるので、それほど嫌いではないんですけどね。

セールス的にも、ぷよぷよSUNは、初代ぷよぷよや、ぷよぷよ通をかなり下回ってしまったようで、このあたりからコンパイルの勢いに陰りが見えてきた感じがしますね。

ゲームシステム的には評価はあまり高くなかったのですが、うってかわってグラフィックやボイスなどの演出面は抜群の出来を誇ります。今までのシリーズでは、キャラが誰でも連鎖時の演出やボイスは同じものだったんですが、今回は各キャラごとに連鎖アニメや連鎖ボイスが用意されているんです。これがかなり出来のいいものなんで、個人的にはかなりお気に入りです。

ちなみに、サタンのボイスは、当時のコンパイルの社長である仁井谷氏が担当しているんだそうです(^^;)。

また、ぷよぷよフィールドのバックにもキャラクターのグラフィックが描かれるようになりました。特に、アルル、ハーピー、ウィッチなどのグラフィックは抜群に可愛いグラフィックですね。

そして「通」では手抜き気味だった漫才デモも「SUN」では大幅にパワーアップしています。可愛くて楽しい出来に仕上がっているので、私は初代の漫才デモと同じぐらい気に入っています。しかし「のほほ」の漫才デモはちょっと勘弁してもらいたいです(^^;)。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ぷよぷよSUN 決定盤(プレステ版)
ぷよぷよSUN 決定盤(プレステ版 セガの再販版)
ぷよぷよSUN(サターン版)
ぷよぷよSUN64(NINTENDO64版)
ぽけっとぷよぷよSUN(ゲームボーイ版)




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system