レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ゲーム天国

「ゲーム天国」は、ジャレコが発売したゲームで、1995年にアーケード版が稼動、1997年にサターン版が発売されました。

このゲームはコナミのパロディウスと似たようなコンセプトのセルフパロディシューティングゲームになっています。プレイヤーキャラは、エクセリオン、プラスアルファ、フォーメーションZ、モモコ120%、ぶたさん、フィールドコンバット(サターン版のみ)に登場するキャラクター&機体から選ぶ事が出来ます。

しかし、グラディウスシリーズを初めとした数多くの名作シューティングゲームを抱えているコナミとは違い、良作シューティングゲームどころか、全ジャンルを見ても微妙なゲームが大多数を占めるジャレコですから、パロディウスとはかなり趣が異なった物となっています。

パロディウスの場合は、極力オリジナルの良さを生かした配慮になっているのですが、ゲーム天国の場合は、元ネタが微妙、またはかなりマイナーな物ばかりなので、オリジナルの原形をとどめていないぐらい大幅に様変わりしています。

特に印象的なのはサターン版の作品紹介モードです。これはゲーム天国で登場する過去作品の概要を紹介する物なのですが、他メーカーでは絶対に出来ないような自虐的な紹介になっています。「ダサい」「カッコわるい」「構図がおかしい」などといった刺激的なセリフが次々と飛び出していてかなり笑えます。

ステージ構成も面白いです。ステージごとに「シューティングワールド」「レトロワールド」などといった世界に分かれていて、ステージごとに世界観がガラっと変わるのが面白いですね。中でも「家庭用ワールド(サターン版のみ)」では「ときめきメモリアル」や「ドラクエ2」のパロディが展開されていてとても面白いです。

ここまで書くと単なるバカゲーと思われるかもしれませんが、実はこのゲーム、かなりクオリティの高い作品だったりするんです。一見コメディタッチだけど、遊んでみると丁寧なつくりになっているという点では、ファミコンで発売された「ガンナック」に似ていますね。

ちなみに、このゲームのスタッフは、スーチーパイシリーズのスタッフがかなりかかわっているようで、細かいところに色々と気配りが感じられて好印象です。また、声優もスーチーパイシリーズの声優が多数出演していますので、スーチーパイをプレイしたことがあれば、なお楽しめます。

それ以外にも短時間で遊べるタイムアタックモードや、爆笑必死のステージ間会話デモなど、数え切れない魅力がたくさん詰まったゲームなので、是非多くの人にプレイしてもらいたいゲームですね。

難点を挙げると、難易度をノーマル以上にするとザコ敵がやたらと固くなってしまって爽快感が失われることでしょうか。また、敵弾も非常に早くなって覚えゲーの要素が強まってしまいます。

ちなみに、PSで「GUNばれ!ゲーム天国」という続編が出ているのですが、ポリゴンを無理やりゲームに組み込んだ事などが原因で、かなり残念な出来になっています。また、ファミコンで発売された「極楽遊戯(と書いて「げーむてんごく」と読む)」と、このゲームは一切関係がありません。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ゲーム天国
ゲーム天国 極楽パック
ゲーム天国〜戦え!DJ戦隊ゲー




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system