レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

マジカルドロップ3

マジカルドロップ3は、1997年にデータイーストからアーケード版が発売されました。アーケード版はネオジオ用ソフトとして発売され、後にプレステ版やサターン版も発売されました。

マジカルドロップシリーズの第三弾として登場したこのゲームですが、とりあえずマジカルドロップの特徴についてご紹介しましょう。

マジカルドロップは、いわゆる対戦型パズルゲームに属するゲームです。人気を博した「ぷよぷよ」と同じく、連鎖を組み込むと相手側に攻撃でき、相手をKOすれば勝利というものです。「テトリス」や「ぷよぷよ」と決定的に違うポイントとしては、「連鎖を組むのが非常に簡単」という特徴が挙げられるでしょう。普通のパズルゲームでは、連鎖を組むのが相当難しくかなりの練習が必要なのですが、マジカルドロップでは「後付け連鎖」というシステムのおかげで簡単に連鎖を組むことが可能なんです。

マジカルドロップでは、通称「落ち物」と言われる他のパズルゲームとは違い、天井から押し寄せてくる玉を、吸ったり吐いたりして、同じ色の玉が3つくっつくと消えるシステムです。実は、この玉が消えている最中でも操作が可能であるというのがポイントで、他の玉が消えている最中に他の玉を消すと「後付け連鎖」として連鎖になるというわけです。つまり、あまり深く考えなくても、素早く操作できれば大連鎖を組むことは結構簡単というわけなんです。いってみれば、パズルゲームというよりは、アクションゲームのほうが近いかもしれません(^^;)。そんなわけで、誰でも簡単に連鎖の快感が味わえるので、かなり幅広い人気を博しました。

マジカルドロップ3は、シリーズ最高傑作の評価を得ている作品で、まさに「完全版マジカルドロップ」といった感じです。わりと大味なゲームバランスだった、初代や2と違って、ゲームバランスもうまく調整されています。

ゲーム自体も十分魅力的なのですが、登場するキャラクターもかなり魅力があります。マジカルドロップに登場するキャラクターは、占いでよく使う「タロットカード」のうちの「大アルカナ」に描かれているカードがモチーフになっているのが特徴です。「タロット占いは、よく分からない」という人でも、「大アルカナ」を知っている人はかなり多いのではないでしょうか。ゲームでも「伝説のオウガバトル」などにも登場していますし、何よりも漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第三部で「スタンド」として取り上げられた事が大きいですね。マジドロ1と2では、一部のカードのキャラしか登場しませんでしたが、マジドロ3では、なんと全ての大アルカナのカードがキャラクターとして登場しています。そのおかげか、一人プレイのゲームオーバー時には、タロット占いをしてくれるという、サービスが用意されているのが嬉しいところ。

キャラクターデザインは非常に可愛らしいものとなっており、個性豊かな性格付けがされていますので、感情移入もしやすいのではないでしょうか。私のお気に入りはマジドロのアイドル的存在(?)のスター。「ラブラブですぅ〜」のセリフは有名ですよね。また、3から初登場となる、テンペランスのほのぼの具合もいい感じです。

今から遊ぶなら、プレステ用ソフトのマジカルドロップIII+ワンダホー!がお勧めですよ。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)

マジカルドロップIII+ワンダホー!(プレステ版)


マジカルドロップ3 とれたて増刊号!(サターン版)
マジカルドロップ3(ネオジオ版)




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system