レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ナムコアンソロジー2

今回は、1998年にナムコがプレイステーション用ソフトとして発売した「ナムコアンソロジー2」のご紹介です。ちなみに、このページの画像はクリックすると拡大して見ることが可能です。

ナムコがレトロゲームを復刻したシリーズと言えば「ナムコミュージアムシリーズ」が有名なのですが、ナムコアンソロジーはそれとはちょっと違いがあるんです。ナムコミュージアムは全てアーケード用ゲームの移植なのですが、ナムコアンソロジーは家庭用ゲーム機からの移植となっています。しかも、単なる移植だけでは終わらないのがナムコアンソロジーの凄いところ。完全移植した「オリジナル版」と、プレステの性能を生かしてリメイクされた「アレンジ版」の2種類が遊べるんです!ナムコアンソロジー2は、4作品が収録されていますから、合計8つのゲームが遊べると言うわけです。これはお得ですよね〜。

収録されている作品は、

・パックアタック
・キングオブキングス
・ワルキューレの冒険
・ナムコクラシック2

の4作品です。


ナムコアンソロジー2

上の画像がこのゲームのメニュー画面。このゲームは、メニュー画面を「ホームページ」として表現しているのが特徴です。操作性はインターネットのホームページとほぼ同じ感覚で操作する事が可能です。ゲームが進むと、ホームページが「更新」されて、追加要素が出現する仕掛けも盛り込まれています。

それでは、一つずつ見ていきましょう。


パックアタック

パックアタック

ダントツでマイナーなこのタイトル(笑)。日本人でこのタイトルのオリジナル版を遊んだ事のある人はほとんどいないのではないでしょうか?(^^;)。このゲームは、日本で発売された「コズモギャング・ザ・パズル」というゲームから、キャラクターをパックマンに差し替え、アメリカで発売されたものなんです。

ゲーム内容自体は、テトリスに近い「落ち物パズルゲーム」となっています。ブロックが横1ライン揃うと消えるのはテトリスと同じですが、モンスターは横に揃えるだけでは消えません。たまにパックマンが落ちてきますので、そのパックマンを配置するとモンスターを消す事ができると言うわけです。

しかしこのゲーム、私はどうも面白く感じなかったんですよね…。そんなわけで、ほとんどプレイしていません(^^;)。


キングオブキングス

キングオブキングス

1988年にファミコンで発売されたキングオブキングスをアレンジ&完全移植しています。画像はアレンジ版のものです。

ゲームシステムは、ユニット生産型のシミュレーションゲームとなっており、町を制圧し、お金を溜め、そのお金でユニットを雇って敵を倒すといった内容です。「ファミコンウォーズ」などをプレイした事のある方ならば、すぐにゲームのルールが把握できるでしょう。

基本的に、値段の高いユニットほど強いのですが、ユニット間には相性があり、ただ単に値段の高いユニットを使えば勝てるというものではありません。相性を考えてユニットを動かす事が重要となります。

ナムコアンソロジー2を買う前は、実はあまり期待していなかったゲームなんですが、実際プレイしてみるとかなりハマってしまいました。オリジナル版はコンピューターの頭が悪いのが難点ですが、アレンジ版はコンピューターの思考が強化されており、結構歯ごたえがある内容になっています。シミュレーションゲーム好きの方なら、きっと満足できる内容ですよ。

なお、キングオブキングスは、プレステ2ではフリーズしてしまい、動作しない(動かない)という症状が出てしまっていて、私も困っていたのですが、実は新しめのプレステ2であれば動作することが確認できました!

以前持っていた古めのPS2(SCPH-30000)では全くといっていいほど動作しなかったんですが、SCPH-30000が故障したため、やむを得ず買った新しい型番のPS2(SCPH-90000)で動作させてみたところ、うまい具合に動いてくれたんですよね。公式サイトで「最新型でも動作は直ってない」と書かれていたので動作は全く期待していなかったのですが、これは嬉しい誤算でした。

しかし、残念なことに戦闘に入るときに約2%ぐらいの確率でフリーズしてしまうんですよね。でも、そんなときはディスクドライブのフタを開けて、もう一度閉めてあげてください。すると、無事にゲームが再開しますので、PS1を使っているときとほぼ同じ感覚で遊ぶことが出来ます。

ワルキューレの冒険

ワルキューレの冒険

1986年にファミコンで発売された「ワルキューレの冒険 時の鍵伝説」。超人気キャラクターであるワルキューレのデビュー作ですね。ファミコン版を完全移植したオリジナル版と、大きく内容をアレンジしたアレンジ版の2種類が収録されています。画像はアレンジ版のものです。ナムコアンソロジー2を買った人のほとんどがこのゲーム目当てだったのではないでしょうか(^^;)。

アレンジ版はゲーム内容を大きく変更させており、「ワルキューレの冒険」というよりは、続編の「ワルキューレの伝説」に近いシステムになっています。一応ストーリーは初代のもの(風味)ですが…。

「ワルキューレの伝説」とほぼ同じ操作性ですが、アクションがいくつか追加されています。ダッシュ、しゃがむ、泳ぐ、盾をかまえる、といったアクションです。

「ワルキューレの冒険」とは違い、レベルや経験値の概念がありませんし、HPの上限もアイテムを取って増やしていく事になります。なおかつ、一度クリアした面には基本的に戻る事が出来ませんので、かなりアクションゲーム風味が強いシステムになっています。

以上の様な大胆なアレンジでしたので「オリジナルと全然違うじゃないか」と批判される事も多かったこのアレンジ版。とはいうものの、「ワルキューレの伝説の続編」と割り切って遊べばそんなに悪いゲームでもありません。むしろ優等生的な、誰にでも楽しめるアクションRPGなんです。ワルキューレも可愛いですしね。


ナムコクラシック2

ナムコクラシック2

ナムコアンソロジー2の穴馬的存在がこのゲーム(笑)。オリジナルのナムコクラシック2は、1992年にファミコン用ソフトとして発売されたゴルフゲーム。なんといってもファミコン末期の作品ですから、プレイした事のある人はかなり少ないのではないでしょうか?画像はアレンジ版です。

私もオリジナルをプレイしたことが無かったので、それほど期待はしていなかったのですが、これがプレイしてみると相当面白いんです。

ゲーム内容はいたって普通のゴルフゲームではありますが、ゲームバランスがかなり洗練されている感があります。ショット時の目押しも簡単すぎず、難しすぎずで丁度いい感じですし、目押しのタイミングがちょっとずれてしまっても、あさっての方向に飛んでいくといった事はありません。最初は難しく感じるでしょうが、慣れてくれば十分にトーナメントモードで一位を狙う事も可能になるはずです。9ホールごとにセーブできるというのも丁度いい感じですね。

ゲーム内容はこんな感じですが、このゲームではキャディーさんを初めとした「キャラクター」の魅力も高いのが特徴です。

ナムコクラシック2

最初に自分のキャラクターを選択します。これは最も平均的な能力を持つ「MAIKO」。こんな感じでアニメ調の「萌えキャラ」風味のキャラクターデザインがされているのが特徴なんです。ちなみに、ちゃんと男キャラも用意されていますのでご安心を(^^;)。しかし、プレイヤーキャラクターは一言も喋らないのが残念ですね。


ナムコクラシック2

自分のキャラクターが決まったら、次はキャディーさんを選択します。これは最も優等生的なキャディーである「ヨウコ」。落ち着いた口調でプレイヤーを励ましてくれるので頼れる存在でしょう。ちなみに、キャディーさんのセリフは、声優のボイス付きという豪華さです。


ナムコクラシック2

これは、キャディーの一人である「カンナ」。ツインテールで子供っぽい性格が持ち味。簡単に言えばロリキャラ(^^;)。キャディーのアドバイスは口調は微妙に違うものの、内容は基本的に同じなので好みで選んでしまってかまいません。ちなみに、「カンナ」は私がメインで使っているキャディーだったりします(笑)。


ナムコクラシック2

バーディーを取ると、こんな感じで祝福してくれます。好みのキャディーさんといっしょなら、スコアも伸びる!?


ナムコクラシック2

このゲームのトーナメントモードで高スコアを取ると、隠しキャラクターが登場します。なんと、隠しキャラにはワルキューレも登場するんです!かなり能力が高いキャラですので、トーナメントモード1位も夢ではないでしょう。ちなみに名前は「HITOMI」となっています。


…と、こんな感じのゲームです。かなりギャルゲーテイストが強い気がしないでもないんですが、個人的にはナムコクラシック2に収録されている作品の中で、このゲームが一番のお気に入りです。「萌え」にそれほど抵抗がない方ならばかなり楽しめるでしょう。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ナムコアンソロジー2
ナムコアンソロジー2攻略マニアックス(攻略本)

関連サイト
うおのめのホームページ
ナムコアンソロジー2の隠し要素の出現条件を掲載しています。




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system