レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

仙窟活龍大戦カオスシード

「仙窟活龍大戦カオスシード」は、1998年にネバーランドカンパニーからセガサターン用ソフトとして開発されました。

実は、スーファミで「カオスシード〜風水回廊記〜」というマイナーなゲームがあったんですが、その移植版となるのがこのゲーム。タイトルからはゲーム内容が全く想像出来ませんが、メーカーからは「ダンジョン育成シミュレーションゲーム」とアナウンスされています。

ダンジョン育成シミュレーションといってもこれまたイメージしにくいのですが、ざっくり言ってしまうとシムシティのようにダンジョンを管理していき、ダンジョンをパワーアップさせていくゲームなんです。

ダンジョンの各部屋にはいろいろな特徴があり、エネルギーを生み出す生産部屋や、仙丹を生産する練丹部屋や、仲間を召喚する召喚部屋や、侵入者を攻撃する攻撃部屋などが用意されています。シムシティに例えると、エネルギーは電力、仙丹はお金のような役割です。

仙丹を使えば各部屋の機能をパワーアップしていくことが可能です。エネルギーの生産力が上がったり、防御力が上がったりなど、様々な効果のパワーアップが用意されています。そして、一定量のエネルギーを集めるとゲームクリアとなります。

ここまで書いた感じてはシムシティのパクリのようにも見えるんですが、そんなことはありません。このゲームは、アクションRPGの要素も含んでいるんです。

このゲームでは、どんどんとダンジョンを破壊しにくる侵入者が出現します。主人公は直接侵入者のもとに出向いてダンジョンから叩き出さなくてはなりません。この工程がアクションRPGのシステムで取り入れられているんですよね。

シムシティなどでは、どうしても何もせずに待つ時間ができてしまい、とても暇な思いをするのが欠点だったのですが、このゲームではそんな心配は無いというわけです。なおかつ、敵を全部倒して何もやることがなくなったりして暇になったときは、高速で時間をスキップできる機能もあると言うのが素晴らしい。このゲームでは、シミュレーションゲームでありがちな暇な待ち時間は、皆無といっていいでしょう。

欠点は、シナリオが変わってもそれほどやることが変わらない点でしょうか。このゲームでは、複数のシナリオが用意されていて、それらすべてをクリアしてクリア率100%を目指す内容になっているんですが、シナリオが変わってもそれほどやることが変わらないんですよね。一応、飽きさせないような工夫は取り入られているのですが、若干の単調さが感じられてしまうのが残念。また、攻略情報をみないとクリア条件がわかりにくいため、100%クリアがほぼ不可能なのが気になるところ。

とはいえ、かなり高いレベルでまとまっている作品なのでぜひ多くの人にプレイしてもらいたい作品ですね。難点なのは、サターンでしか遊べないところですね。プレステなどにも移植されていないのでサターンを用意するしかありません。ゲーム自体には、それほどプレミアが付いているわけではないのが救いですが…。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
仙窟活龍大戦 カオスシード
カオスシード サウンドトラック[GAME SOUND LEGEND SERIES]

関連サイト
忍者コスケのカオスシード
攻略サイトです




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system