レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

スーパーマリオ64

スーパーマリオ64は、1996年に任天堂がNINTENDO64用ソフトとして発売されました。

世界的に大人気の「スーパーマリオブラザーズ」シリーズが初めて3D化された作品です。今まではファミコン〜スーパーファミコンといったハードで発売されていたので全て2Dのゲームだったわけですが、3Dの性能が強いNINTENDO64ですから、3D化されたのも当然という感じですね。

しかし、シンプルさが持ち味だったスーマリですから、3D化されたこの作品は結構不安があったんですが、プレイしてみるとそんな不安は一掃してくれる素晴らしい出来でした。

3D化されたことにより、ゲームシステムは大きく変化しています。いままでは、「ゴール地点に辿り着くとコースクリア」といったシステムだったんですが、今回は「パワースター」というものを入手するとクリアするようになりました。これは「クッパにパワースターというものが奪われたから、取り返さなくてはならない」というストーリーになっているためです。しかも、一つのコースに基本的に7つのパワースターが隠されていますし、同じ箇所を何度も往復して探す必要があるなど、かなり「ゼルダの伝説」に近いシステムに変化したといえるでしょう。

パワースターの出現条件や入手方法は様々で、特定の敵を倒したり、特定のポイントを通過したりといった様々な「謎」を解いていくようになっています。そういった意味では、今までのシリーズよりゲームが複雑化したといえるのですが、ゼルダの伝説と比べるとマップはかなりシンプルですし、謎自体もちょっと考えれば分かる範囲ですので、それほどストレスが溜まる出来ではないと思います。

操作性も大きく変化しています。NINTENDO64のコントローラーならではの3Dスティックを駆使して、マリオを操作しなければなりません。ちなみに、3Dスティックは「スリーディースティック」ではなく、「サンディースティック」と読むのが正式名称です。アナログ入力の3Dスティックですから、多段階のスピードでマリオを操ることが可能になりました。

ジャンプアクションも大きく様変わりし、通常のジャンプのほかに、「三段跳び」「幅跳び」「ボディアタック」「バック宙」「横宙返り」などといったものが追加されています。それぞれ特徴が異なるので場面に応じて使い分ける必要があります。正直、慣れるまでは結構難しかったりしますが、別に複雑な操作方法ではないので、ちょっと練習すれば何とかなる範囲です。

任天堂のゲームらしく、ゲーム内容は非常に練りこまれており、ゲームバランスはかなりいい感じですね。テンポ良くサクサク進みます。3Dポリゴンのアクションゲームというと、現在位置が把握できず、迷子になることがよくあるのですが、このゲームではかなりマップがシンプルになっているので、そういった心配はありませんでした。

演出面を見てみると、マリオに「声」が付いたのが大きいポイントですね。外人の声優さんが声をあてているのですが、初めて聞くボイスにもかかわらず、違和感が無いのには驚きでした。しかし、マリオってやたらと陽気な性格だったんですね。ジャンプするたびに歓喜の声を上げるのはまだ良いとしても、コース内で窒息死などをしたあとでも、再チャレンジするために「ヒャッホー!」といいながらコースに再び飛び込んでいく姿はなかなかすごいものがあります(^^;)。やはり世界のスーパースターは一度や二度の窒息死ぐらいは気にしないのでしょうか。

そういえば、タイトルからいつの間にやら「ブラザーズ」という言葉が消えていますね。まあ、スーパーマリオワールドの頃から消えているんですが、でも一応ルイージはゲームに出演していたんですよね。しかし今回、ルイージの出番は全くありません。ヨッシーですらチョイ役で出番があるというのに…。

エンディングでも、ピーチ姫が「マリオのためにケーキを作る」といったシーンがあるのですが、ケーキの上に鎮座している人形はピーチ姫とマリオのみで、ルイージの姿はどこにも見当たらないという悲惨な事になっています。

この作品は、最近になってニンテンドーDSに移植され、Wiiのバーチャルコンソールでもプレイ可能になりました。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
スーパーマリオ64
スーパーマリオ64(振動パック対応版)
スーパーマリオ64DS
Wii

関連サイト
Blue Pulsation
スーパーマリオ64の攻略サイトです。




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system