レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ダービースタリオンDS

「ダービースタリオンDS」は、2008年にエンターブレインからNintendo DS用ソフトとして発売されました。

ダビスタといえば、知らぬ人はいないぐらい有名な競馬ゲームですよね。最新作となるダビスタDSも盛んにテレビCMを流すなどしていますから、注目している人は多いと思います。

ここで、私がこのゲームをプレイして思ったことを、ざっと書いてみたいと思います。

良い点

・基本的なゲームシステムに変更無し
毎度お馴染みのダビスタシステムで、世代交代はこちらの馬だけが行い、実名の種牡馬やライバル馬は無限の寿命を持っています。ウイニングポストのように、ゲームが進むと架空の馬ばかりになって萎えるという心配もありません。それ以外にも、無駄なシステムは殆ど無いので生産や調教に専念できるシステムといえるでしょう。

・サウンドが良い
JRAのファンファーレの使用権を独占している(らしい)だけあって、ファンファーレが実際のものというだけでなく、本馬場入場時のサウンドも実際のものを収録しているというのは感心しました。ファンファーレや本馬場入場時以外のサウンドもなかなか小気味良いものが多くて、なかなかクオリティが高い印象です。

・配合のバラツキ
今回は同配合でも、結構能力のバラツキが激しい感じですね。良血牝馬にサンデーをつけてもショボい馬が結構生まれたり、あまりたいした事無い血統の馬が意外と活躍したりと、なかなか現実の競馬に近いランダム性を持っていると思われます。

・牧場の娘が可愛い
ゲームとは全然関係ないのですが、牧場の娘(1月に「あけましておめでとうございます!」という子)が妙に可愛くて、結構気に入ってしまいました(^^;)。

悪い点

・脚質のバランスが劣悪
競馬ゲームといえばレースシーンが命なのですが、今回は逃げ先行が異様に弱いです。一番人気でも逃げたり、4角先頭の場合は、ほぼ確実に惨敗してしまいますから差し追い込みばかり指示する事になってしまいます。しかし、差し追い込みを指示しても油断は出来ません。直線で速めに先頭に立ってしまうと、追い込み馬といえどゴール前で逆噴射する危険性があったりします。それにしても、差し馬が好スタートを切ると、ほぼ確実に惨敗する(逃げるから)のは勘弁してもらいたいです。

・前詰まりが酷い
逃げ先行があまりにも弱いので、差し追い込みで勝負する事になるのですが、これはこれで結構問題があり、直線で頻繁に前が詰まってしまうのです。ですから、レースは殆ど運任せで決まってしまい、意味不明な万馬券が頻繁に炸裂してしまいます。基本的にノーリセットで競馬ゲームをプレイする私ですが、このゲームはノーリセットでプレイする気には全くなりません(^^;)。

・施設が無駄に多い
以前のダビスタは、牧場画面と厩舎画面の2種類しかなくて非常にシンプルだったのですが、今回は「事務所」「牧場(繁殖牝馬)」「牧場(1歳馬)」「育成厩舎」「厩舎」と、非常に複雑に分かれています。あちこちの施設を行き来するのに非常にストレスが溜まってしまいます。

・操作性が悪い
なぜか所有馬一覧表の機能が存在せず、あちこち移動する必要があってストレスが溜まります。セーブするのもいちいち事務所まで行かないといけないので、非常にイライラします。調教する時の操作性も、過去のバージョンと比べると非常に劣悪です。

・血統の系統分けが古い
他の競馬ゲームでは、オペラハウスは「サドラーズウェルズ系」、ブラックホークは「ヌレイエフ系」といった風に分かれているのが普通ですが、ダビスタではいまだに「ノーザンダンサー系」という古くて大雑把な系統分けになっています。ダンチヒとサドラーズウェルズなんて正反対といってもいい特徴を持っているのに、いまだに「ノーザンダンサー系」という古い系統のままになっています。ちなみにサンデーサイレンスも、ブライアンズタイムも同じく「ヘイルトゥリーズン系」になってます。「ダビつく」などでは「ヘイロー系」と「ロベルト系」に分かれているのに…。

・コメントランダムなので、走らせてみないと分からない
このバージョンに限った事ではありませんが、最近のダビスタは入厩時のコメントがランダム表示になっており、スピードがある馬でも、スピードコメントが出なかったりします。ですから、いちいち馬を走らせて能力をチェックする必要があるんです。おそらくリアリティを重視してこの仕様にしたんでしょうが、しかしダビスタの場合は新馬戦で能力のチェックが出来てしまいますので、無駄な作業量が増えただけだったりします。昔のダビスタはスピードコメントがあれば重賞級と判断できて快適だったんですけどね。

・パドックの個別スキップができない
これはかなり謎の仕様です。ダビスタ3以降はパドックの個別スキップ機能で自分の馬だけをチェックできていたんですが、今回は個別スキップができないので、ひたすら自分の馬の番まで待つ事になります。何でこんな仕様にしたのが、激しく謎です。

・セリ市で、お台が非表示
最近のダビスタはセリ市でスタート価格が表示されないんですよね。価格の目安を見るために、いちいち牧場長のアドバイスを聞かなければならないので、かなり面倒です。スーファミ版の頃はお台が見えていたのに…。

・馬が売りたいときに売れない
おそらく、売却価格で能力チェックをするのを防ぐためだと思われますが、馬を売るのが非常に面倒になっています。スーファミ版の頃は、好きなときに売れたのに…。

・セリ市や種牡馬購入のタイミングで月送りを止められる
月をどんどん飛ばしている最中でも、セリ市などのイベントがあると、月送りを止められてしまいます。もちろん、オプションでこの機能をオフにするなんて親切設計はダビスタには存在しません(笑)。

・入厩時期が来ても教えてくれない
施設が無駄に増えた割には、相変わらず入厩時期が来ても教えてくれないので、入厩させるのを1年以上忘れてしまう事も良くあります…。

・凱旋門賞の斤量がおかしい
凱旋門賞は古馬の牡馬が59.5kgを背負わなければならないことがかなり有名ですが、ダビスタDSの場合は58kgでOKになっています。

・優先出走権を持っていても除外されることがある
論外のバグです(笑)。


…と、こんな感じで非常に困ったポイントが多いゲームになっています。正直言って、同じ携帯ゲームならダビスタアドバンスのほうがかなりマシですね。久々にプレイしてみたら、ダビスタDSとは比べ物にならないぐらい操作性とレースバランスがマトモなのでビックリしました(^^;)。まあ、ダビスタアドバンスのレースバランスもあんまり良くないんですけどね。

そんなわけで、ダビスタDSはかなりお勧めできません!ダビスタ風競馬ゲームを遊びたいという方なら、ダビつく(ダービー馬をつくろう!)をプレイされることを強くお勧めします。

余談ですが、ファンファーレはダビスタだけでなく、他の競馬ゲームにも自由に使わせてもらいたいんですけどね。他のゲームが実際のファンファーレを使おうとすると高額な使用料が必要になるようで、高い収益が見込めるアーケードの競馬ゲームぐらいにしか収録されていませんし。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ダービースタリオンDS
今日から始めるダービースタリオンDS (エンターブレインムック)




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system