レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

電車でGO!2高速編

「電車でGO!2高速編」は、1998年にタイトーからアーケード用ゲームして発売されました。後にプレイステーションなどに移植されています。

大ヒットとなった電車運転シミュレーションゲーム「電車でGO!」の続編となるのがこのゲームです。「高速編」と名づけられているように、新幹線の運転が出来るようになったのが最大のセールスポイントで、それ以外にも、通過駅で獲得できる「定通ボーナス」が導入されるなど、細かい点が改良されています。

「電車でGO!2」はいろいろ派生バージョンが出ていてややっこしいので、ここでちょっと整理しておきましょう。

電車でGO!2高速編(アーケード版)

無印の電車でGO!2ともいえるバージョン。

  • 秋田新幹線・東北新幹線
  • 北越急行ほくほく線
  • 京浜東北線

電車でGO!2(PS移植版)

「高速編」というタイトルは付かない。アーケード版の路線だけでなく、下記の路線も収録している。

  • 大阪環状線
  • 鹿児島本線

電車でGO!2高速編 3000番台(アーケード版)

電車でGO!2のバージョンアップ版ともいえるのがこのゲーム。無印版の路線だけでなく、下記の路線も収録している。

  • 奥羽本線
  • 田沢湖線
  • 山手線(外回り)
  • 東海道本線(JR神戸線)

プレステ移植版オリジナル要素の「大阪環状線」「鹿児島本線」は収録されていない。

このゲームは、ドリームキャストと、Windowsに移植されている。なお、プレステには移植されていない。

電車でGO!64(NINTENDO64版)

「電車でGO!2 高速編 3000番台」をNINTENDO64向けに移植させた作品。特殊な機能として音声認識システム(VRS)に対応しているのが特徴。

こんな感じです。

前作と同じく十分に楽しめる作品ではあるのですが、上級者向けの路線の難易度がかなり上昇してしまいました。前作ではアドリブで運転しても何とかなったのですが、今回は速度制限の標識を全て暗記するか、攻略メモなどを参考にしながらプレイしないと上級者向けの路線は絶対クリアできない仕様になってしまいました。面倒なので、全路線クリアをあきらめてしまった方は多いのではないでしょうか。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
電車でGO!2(プレステ版)
電車でGO!64(NINTENDO64版)
電車でGO!2高速編 3000番台(ドリームキャスト版)
爆発的1480シリーズ 電車でGO! 2 高速編 3000番台 (Windows版)

関連サイト
電車愛好会
攻略サイトです。




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system