レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial

「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial」は、2004年にスクウェア・エニックスからプレイステーション2用ソフトとして発売されました。

概要

いただきストリートといえば、とても人気があるボードゲームシリーズです。従来はオリジナルキャラクターを使用していたのですが、今回はタイトルを見ても分かるとおり、ドラクエとファイナルファンタジーのキャラが登場しているというのが特徴です。単に「いたスト」の続編というだけでなく、ドラクエとFFのコラボ企画としても楽しめるゲームになっています。

完成度の高い「いたスト」だけあって、新作のこのゲームでもほとんどといっていいほどゲームシステムに変更はありません。しかし、ただ一点大きく変わったのが「株購入時の手数料の廃止」ですね。これは、マニュアルにも廃止されたことが一切書かれていないので、個人的にかなり戸惑ってしまいました(^^;)。手数料が廃止されたことにより、出費に併せて株購入数を抑える手間がかからなくなりました。また、ドラクエ&FFの世界観にあわせるため、サラリー→賞金、周回数→レベルといった風に名前がいろいろと変更されています。なれないうちはやや戸惑うことも。

CPUの思考

地味に強化されているポイントとしては「CPUキャラの思考」ですね。いたスト3以前のCPUキャラはあんまり賢くなかったのですが、今回のCPUキャラの思考はかなり強化されており、特に「5倍買い」のタイミングが非常にうまくなっています。いたスト慣れしている人がプレイしてもなかなか苦戦するぐらいですから、CPUの思考レベルとしては十分に合格点を上げられるのではないでしょうか。ちなみに、3以前のCPUキャラはランクが高くても低くてもあまり違いはなかったのですが、今回はCランクとDランクのキャラは株購入や増資を手加減してくれるという特徴があるので、今まで以上にランクによる実力差がついた印象ですね。

キャラクターと世界観

予想以上に「いたスト」の世界に、ドラクエとFFのキャラがうまく入ってきてるという印象ですね。とくに前作の「いたスト3」のキャラの魅力は過去最低レベルでしたから、なじみのあるドラクエとFFキャラのおかげで、キャラの魅力はグンとアップしました。また、過去のドラクエ&FFのBGMを多数アレンジ収録しているのもかなりいい感じですね。とくにゲームセット時にドラクエ1のエンディングの曲が流れたり、ドラクエ2のフィールドの曲が2種類とも収録されていて、個人的にポイントが高いです。

キャラクターでは、FF1〜6のキャラクターが全く登場しない(たまねぎ剣士とベヒーモスはカジノで登場しますが)というのは非常に残念ですが、かわりにドラクエの過去のキャラクターは結構登場しています。特にドラクエ2の主人公三人組が全員登場しているというのが非常にうれしいところです。ドラクエ4からも、アリーナ、クリフト、ライアンと、3人が参戦してくれるのですが、シリーズ最高傑作と名高いドラクエ3からは「カンダタ」しか登場しないのか残念です(女遊び人は、カジノで登場しますが)。

いたストシリーズおなじみの「CPUキャラのおしゃべり」も今回は非常に充実しています。キャラの組み合わせごとに特殊な会話が発生したりするので、会話のパターンはとんでもなく多くなっています。

ただ、オリジナルのキャラとは違った味付けをされているキャラも存在し、その筆頭格がドラクエ5のフローラですね。ドラクエ5ではフローラは優等生的な位置づけで、セリフもビアンカと共通ものがほとんどという微妙に影の薄いキャラだったのですが、このゲームでは自分が金持ちということを必死でアピールするタカビーキャラに変貌を遂げています(^^;)。ドラクエ5では、ビアンカとフローラはお互い仲良しっぽかったのですが、このゲームでは非常に仲が悪いです。

また、個人的にお気に入りキャラのドラクエ2のムーンブルクの王女(プリン)は、グラフィックがかわいらしく仕上がっており、性格的にも優等生的なポジションですが、サマルトリアの王子に対しては妙に厳しく「クッキー(サマルトリアの王子)になら勝てるわね。」「クッキーのくせに生意気よ!」とか言ったりします(^^;)。

欠点

残念な点としてはCPUキャラの「待ち時間」が長いことですね。スピードを「超はやい」にすると、CPUのセリフはカットできるのですが、ダイスの転がる演出などはそのままですので、スピーディーなカルドセプトと比べると、一人プレイ時は結構待ち時間が長く感じます。演出を全てカットするオプションなどがあればよかったのですが…。

スフィアバトル

普通のプレイモードはこんな感じなのですが、今回は「スフィアバトル」というプレイモードもあります。これは、スフィアダイスというダイスにスフィアを装備していろいろな現象を起こしていくという、やや桃鉄チックなモードで、発想自体はなかなか面白いのですが、ゲームバランスがあまりよくなく、スフィアの演出がカットできないので、プレイ時間がかなり長くなってしまうという欠点を持っています。個人的にはノーマルのいたストルールの方が面白かったですね。

まとめ

そんなこんなで、従来のいたストの魅力を損なわずに、パワーアップしている作品ですから、いたストのファンだけでなく、万人が楽しめる作品といってもいいのではないでしょうか。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial 公式パーフェクトガイド
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジーinいただきストリートSpecialお金もチャンスもいただきガイド―プレイステーション2版 (Vジャンプブックス―ゲームシリーズ)




その他ゲームレビューに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system