レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ウィザードリィ

「ウィザードリィ」といえば、1981年にパソコン用ソフトとして発売されたのですが、このページでは1987年にアスキーから発売されたファミコン版をご紹介します。

ウルティマと並んでRPGの始祖として評価されているウィザードリィ。しかし、ウルティマの古いバージョンは今遊ぶにはかなり辛い出来なのですが、初期のウィザードリィは、その洗練されたゲームシステムの評価がいまだ高く、「現在においても最高のRPGである」という評価も多いゲームなんです。

そういった評価の初代ウィザードリィが1987年にファミコンに移植されました。パソコンなどから家庭用機に移植されると、総じて出来が悪くなることが多いんですが、ファミコン版ウィザードリィは、非常に遊びやすく改良されています。なおかつウィザードリィにとって初めてとなるBGMが付いたのもファミコン版なんです。BGMの作曲に羽田健太郎氏、登場モンスターのデザインや広告イラストに末弥純氏を起用していて、グラフィックとサウンドの出来のよさはかなり物になっています。

ウィザードリィのシステムについて解説しているサイトは多いので、あえてこのページでは詳しく書きませんが、今プレイしてもその洗練されたシステムは非常に魅力的ですね。

スーファミ以降のRPGといえば、町がやたらだだっ広くて、街中を探索するのが非常に面倒だったり、ストーリー説明シーンがやたら長くてストレスが溜まったり、つまらない長いムービーを延々と垂れ流されてイライラしたり、何も考えなくても簡単にクリアできてしまったりと、個人的に好きになれない要素が多いんですが、ウィザードリィにはそういった面倒な要素は一切ありません。ただ単にダンジョンにもぐってアイテムをかき集めるだけと言っていいゲームなんですが、RPGの魅力の全てを凝縮しているともいって過言ではないゲームですので、今遊んでも全く古さを感じさせないのが凄いですよね。

このゲームは、続編のウィザードリィ2以降と比べると、罠を解除するときに自動でカーソルを移動してくれなかったり、戦闘中に十字キー押しっぱなしにしても、メッセージを高速スキップしてくれなかったりと、若干の操作性の悪さを感じるのですが、それでもこの作品が偉大であることに変わりはないでしょう。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ウィザードリィ
ファミリーコンピュータ ウィザードリィ攻略の手引き
ウィザードリィ攻略の手引き (MIA BOOKS)

ウィザードリィ リルガミンサーガ(PS版)
ウィザードリィ リルガミンサーガ(サターン版)
ウィザードリィ リルガミン サーガ(Windows版)
ウィザードリィ・コレクション(Windows版)
ウィザードリィ シナリオ1 狂王の試練場 (ワンダースワン版)

関連サイト
FC版WIZARDRY (PROVING GROUND OF MAD OVERLOAD)完全攻略!!
攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 あ〜おに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system