レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ウィザードリィV

このページでは1992年にアスキーからスーパーファミコンで発売された「ウィザードリィV」をご紹介します。

ファミコン版ウィザードリィといえば、1〜3が発売され、とても高いクオリティで移植されたため評価の高いゲームでした。その流れを汲むのがこのスーパーファミコン版「ウィザードリィV」。このゲームは、パソコン版の「ウィザードリィV」を移植したものです。

ちなみにパソコンの「ウィザードリィIV」は、初代で悪役だったワードナとなって、魔物達を召喚して憎き冒険者を排除しつつ地上を目指し、かつて奪われたアミュレットを取り戻すという、なんともイレギュラーな内容になっていて、メーカー側が「家庭用ゲーム機には向かない」と判断したようで、4をスキップして5を移植したようです。

このゲームでは、新しい魔法が追加されたほか、射程の概念が追加され、後衛のキャラも直接攻撃に参加できたり、ステータスに「泳ぎのうまさ」が登場したり、迷宮内にいるNPCと交渉してキーアイテムを獲得する必要が出てきたりといった数多くの新要素が追加されています。

ここまで書くととても面白そうなゲームという印象があるのですが、個人的にあまり好きになれないゲームだったりします。詳細は以下のとおり。

マップが広すぎる

従来は、ダンジョンが1階層が20×20ブロックの正方形というとてもコンパクトでシンプルなものだったんですが、今回はやたらとだだっ広く、プレイするのに苦痛を伴います。

イベントが面倒

従来のウィザードリィといえば、クリアするのに必要なイベントやアイテムが少なく、「ダンジョンに潜って、レベル上げとアイテム収集に専念する」ことがメインのゲームだったんですが、今回はイマドキのRPGの如く、クリアするのに数多くのイベントをこなさないとなりません。お使いイベント的なものがほとんどですので、正直言ってあまり面白いものではありません。

謎解きが難しい

ファミコン版のウィザードリィは、これといった難しい謎解き要素は無かったんですが、今回はプレイヤーが直接文字を入力してキーワードを入力しなければならないイベントが登場しました。この「なぞなぞシステム」は非常に問題が抽象的で分かりにくく、なおかつ面白いものではないため、従来のファンは困惑したのではないでしょうか。

レアアイテムの出現率がやたら高い

実は一番いたいのがこの仕様かも。このゲームでは、最強クラスのアイテム出現率がやたらと高いため、アイテム収集の楽しみが無く、ゲームをクリアするとあっという間に飽きてしまうのが難点です。レアアイテム集めは、ウィザードリィの魅力のほとんどを占めているというのに…。

BGMが地味

BGMはファミコン版と同じく羽田健太郎氏が担当しているはずなのですが、どうしたわけかこのゲームのBGMはイマイチなものばかりになっています。ファミコン版はその美麗なBGMでファンを魅了してきただけに残念でなりません。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ウィザードリィ5
ウィザードリィ5のすべて
ウィザードリィ・5 災渦の中心必勝攻略法 (スーパーファミコン完璧シリーズ)
組曲「ウィザードリィV

ウィザードリィ5 (PCエンジン版)
ウィザードリィニューエイジオブリルガミン(PS版)
ウィザードリィ ニューエイジ オブ リルガミン(Windows版)
ウィザードリィ・コレクション(Windows版)




レトロゲーム辞典 あ〜おに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system