レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

星のカービィ 夢の泉の物語

「星のカービィ 夢の泉の物語」は、1993年に任天堂からファミコン用ソフトとして発売されました。開発は、HAL研究所がおこなっています。

ゲームボーイで発売された「星のカービィ」の続編となるのがこのゲームです。1993年と言えば、スーパーファミコンの発売から2年以上が経過している時期であり、発売されるゲームもだいぶ減ってきていたのですが、そういう時期にもかかわらず旧ハードで新作を発売する任天堂の姿勢は、なかなか好感が持てると言えるのではないでしょうか。

ゲーム内容としては、基本的に前作と変わらないのですが、今回はカービィが「コピー能力」を使えるようになりました。これは、敵を飲み込むことでその敵の技を使えるようになるというもので、前作よりもアクション性は多彩になったと言えるでしょう。

しかし、「敵の能力コピー」って、言ってみればロックマンと同じなんですよね…。でも、ロックマンは全ての武器の能力を把握していないと先に進めないと言うシビアな戦略性が要求されたのですが、このゲームはあまり深く考えなくてもどんどん先に進めてしまえるため、コピー能力の存在意義があまり無いような気がしました。

難易度の低さや、盛り上がる場面も特に無く淡々進むゲーム展開は相変わらずです。ゲームボーイ版はステージ数が少ないため、飽きる前にクリアできたのですが、このゲームはファミコンにしては破格の大容量である6Mbitのロムを採用しているため、ステージ数がやたらと多く、私はクリアする前に飽きてしまいました。それでも一応クリアはしたんですが、アクションゲームというよりは作業ゲーと言ったほうがいい感覚でしたね。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
星のカービィ 夢の泉の物語




レトロゲーム辞典 は〜ほに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system