レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

バンゲリングベイ

バンゲリングベイは、1985年にハドソンからファミコン用ソフトとして発売されました。後にシムシティーを手がけた事で有名になるウィル・ライト氏の作品です。

スペランカーと同じく、なぜか内容の割にはクソゲー扱いされる場合が多いという悲運のゲーム。やはりシステムが斬新すぎたのが原因でしょうかねぇ。当時はスターフォースのようなシンプルなシューティングゲームが全盛の時代でしたしね。とはいえ、私の周りでは結構好評でしたよ?このゲーム。皆で2コンに必死で叫びまくって大盛り上がりでしたし(^^;)。

このゲームは、ただ敵を倒すだけでなく、戦略性が重要。敵の工場を全部破壊すれば面クリアですが、爆弾が9発しか持てないので、マメに空母に補給しに行く必要がありますし、ダメージを受けすぎたら作戦を中止して空母に帰還する必要もあります。

このゲームの凄い所は、敵も戦略的に行動するってことですかね。自機を攻撃してくるだけでなく、爆撃機が空母を狙って爆撃してきますし、敵基地で敵が補給活動も行っています。補給中の敵機を破壊する事も可能ですしね。

難点はマップ画面が無い点。パソコン版にはマップが表示されるらしいんですが、ファミコンではスペックの関係からか、マップは表示されません。一応、空母へのナビゲーションは表示されるんですが、工場を探すヒントが無いので、工場を見つけるのが一苦労です。近場の工場へのナビも表示してくれるとありがたかったんですが…。

それと、面が進んでも進展がほとんど無い点。一応難易度が徐々に上がるようになっているんですが、見た目にはほとんど違いが分からないので、一面をクリアしたらやめてしまう人がかなり多いんじゃないでしょうか。面が進むごとにストーリーが進んだり、新しい装備が使えるようになったり、ライバル的な存在の機体が出てきたり、敵の大ボスが出現したりとか、面が進むごとに進展があれば良かったんですが…。

そんなこんなで設定などが非常に良く出来ている割には、クソゲー扱いされる場合が多いのが残念ですね。あと数年後に出ていたら、ロムの大容量化などの恩恵を受けて、もっと完成度が高いゲームになっていたのかもしれません。

とはいえ、このゲームの作者であるウィル・ライト氏は、バンゲをベースにして名作「シムシティ」を作ったんですから、よしとしますか。

関連サイト
バンゲリング帝国復興計画
バンゲリングベイの詳細な攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 は〜ほに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system