レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ビックリマンワールド

ビックリマンワールドは1987年にハドソンからPCエンジン用ソフトとして発売されました。PCエンジン本体と同時に発売されたので、R-TYPEと共に覚えている人も多いでしょう。

このゲームはその名の通り、ファミコン世代なら誰でも知っている、あの「ビックリマン」をゲーム化した作品です。正式な商品名は「ビックリマン」ではなく「ビックリマンチョコ」みたいです。ロッテが発売したチョコをウエハースで挟んだお菓子ですね。私はこのチョコのお菓子が大好きだったんですよね〜。ジャイアントコーンあたりと匹敵するほど好きでした。

しかし、世間的にはビックリマンはお菓子の部分ではなく、シールの部分の方が社会現象ともいえる大ブームを引き起こしてしまいました。個人的には、お菓子の部分のほうが魅力的だったんですが…。「シールだけを回収して、チョコを捨ててしまう」なんていう輩もいたようですが、困ったもんです。

そんなわけで、友人の間ではシール収集が流行っていましたが、私自身はシール自体は集めていませんでした。「ビックリマンチョコ」自体はぼちぼち買っていたんですけどね。どうでもいいんですが、はるか昔に買った「ビックリマンチョコ」に「マダムヤンバルクイナ」というキャラのシールが入っていたのが未だに記憶に残っています。

さて、そんなビックリマンがゲーム化されたのがビックリマンワールドなわけですが、どういうわけだかアーケードで人気を博した「ワンダーボーイ モンスターランド」のキャラ差し替え版という内容になっています。主人公がヘッドロココになり、ボスがサタンマリアやらスーパーデビルやらに変更されているわけです。ファミコンで発売された「高橋名人の冒険島」と同じような感じですね。

ゲームの目的と言えば、主人公のヘッドロココが悪(?)の始祖ジュラを打倒するという内容です。しかし、ワンダーボーイ モンスターランドに無駄に忠実な移植となっているために、あのイケメンのヘッドロココが下半身に腰布だけを巻いたほぼ全裸の状態でスタートするんだから困ったものです。

ビックリマンと言えば「ヤマト王子」と「十字架天使」をイメージされる方も多いでしょう。シールを集めていなかった私ですが、アニメ版は見ていたので、私もこの2人には結構思い入れがあります。パッケージの写真はこちらのサイトに載っていますが、ビックリマンワールドにおいても、パッケージの目立つ場所に描かれているわけです。しかし、なんとこの2人はゲーム内には一切登場しません!というか、パッケージに書かれているキャラの8割方は登場していない気が…。しかも、なんといっても主人公のヘッドロココ自体がパッケージイラストに存在していません。これは異常事態です。かろうじて同一人物である聖フェニックスはいますが…。まるで、頭脳戦艦ガルを思わせるカオスなパッケージイラストですね。

しかし、聖華士やら聖澄士やら聖蝶士やらといった妙にマイナーなキャラは「店の店員」として出演しているんですよね…。さすがにアニメ版ではヘッドロココと共に戦っているヤマト王子一行を「店の店員」として出演させるのにはヤバいと思ったんでしょうか。

そんなビックリマンワールドではありますが、移植度自体は妙に高いです。当時としては破格のスペックを持つPCエンジンの性能を生かし、アーケード版のモンスターランドと遜色ない出来となっています。というか、普通に名作アクションゲームです。レバガチャ技は使用できなくなっているので、難易度はモンスターランドより高くなっています。レバガチャ技が使えないだけでなく、お金が出るポイントも何故か減らされているために、全部の伝説グッズを買い揃えるのはかなり難しいです。モンスターランドとは違った買い物プランを立てる必要があるでしょう。

しかし、やはりキャラの差し替えに違和感があるのは否めません。モンスターランドで登場したクラーケンが魔肖ネロに差し替えられているのですが、攻撃方法がクラーケンと全く同じなのでかなり違和感があります。アニメ版だとエネルギーを吸収する特徴を持っていたのですが、このゲームでは力押しで簡単に撃破できてしまいますし。

ラスボスは始祖ジュラなわけですが、アニメだとクロスエンジェルの「六聖卵爆撃」で倒したキャラですが、このゲームではこれまた力押しで撃破が可能です。クロスエンジェルはどこにも登場しません。始祖ジュラを倒すとブラックゼウスが登場しますが、これまた主人公の力押しでOKです。アニメ版のように、ヘラクライストを創ったりする必要はありません。というか、ヘラクライストは何故か店の店員で出演しています。

エンディングも微妙で、スーパーゼウスが一通り褒めてくれた後に画面がブラックアウトしてエンディング曲が流れるだけなんですよね…。時間が無かったのか、容量が無かったのか、大人の事情なのか、スタッフロールは流れないようになっています。そんなわけで、クリアしても微妙に物足りない気持ちになってしまうんですよね。

うちのサイトに簡単な攻略メモがありますんで、参考にしてください。

ゲーム自体はこんな感じですが、最近放送されていた「祝 ハピ☆ラキ ビックリマン」はかなり面白かったです。初代ビックリマン(旧ビックリマン)の外伝的な内容ではありますが、懐かしいだけでなくストーリーや演出が非常に素晴らしい出来になっています。まだ見たことのない人はDVDも出ていますんで、是非見てみてください。

ハピ☆ラキの影響を受けて、最近初代ビックリマンを見ています。29話の十字架天使の変身シーンの「ばっち〜ん」というセリフが妙にお気に入りです。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ビックリマンワールド 【PCエンジン】

ビックリマンワールド 激闘聖戦士
こちらは、ファミコンで発売されたRPGです。

ビックリマン大事典(新規描き下ろし「ヘッドロココ」シール同梱)
ビックリマン VOL.1(DVD)
祝(ハピ☆ラキ)!ビックリマン VOL.1(DVD)

関連サイト
ビックリマン大図鑑
ビックリマンシールのデータベースです。




レトロゲーム辞典 は〜ほに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system