レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ボンバーマン

ボンバーマンは、1985年にハドソンからファミコン用ソフトとして発売されました。

ストーリー的には「ロードランナー」の主人公の過去を描いた作品らしいです。なんでも、彼は過去に悪の帝国のロボットだったんですが、「地下迷宮を抜けだして地上に出れば、人間になれるらしい」という良くわからない噂を聞きつけて一大決心し、人間になろうと地下迷宮からの脱出を試みるというものです。

ゲーム自体は至極単純な内容で、主人公が爆弾を置くと爆発するので、その爆弾を使って敵を全滅させ、パワーアップアイテムを回収しながら扉を抜けて次の面を目指すというものです。

このゲームの難易度は非常に低いため、ゲームをやりなれているゲーマーよりも、むしろ普段ゲームをあまりしない一般層に受けた印象がありますね。アイテムを取って行くとパワーアップするのはいいんですが、実は初期状態で戦う事になる1面が一番難しいという、妙なゲームバランスになっています。まるでパルテナの鏡のようなゲームバランスです。

パワーアップしていくと強くなっていくのですが、特に強力なのが「リモコン」ですね。任意のタイミングで爆弾を爆発させることができるこのアイテムは超強力です。死ぬとアイテムの効果が切れるものの、このアイテムを取ると、ゲームをやりなれている人なら自爆しない限りほぼ死ぬ事はなくなるでしょう。というか、全般的に敵との戦いというよりは自分との戦いですね、このゲーム(^^;)。

さらに強力なのが「火炎バリア」。なんと爆弾の爆風に触れても死ななくなるというヤバすぎるアイテムです。しかも、死ぬまで効果が持続するので、死ぬ事はまずなくなります。

また、面をクリアするたびに残機が一機増えるという親切すぎる仕様もありましたね。慣れてくると何十機も残機を抱える事になります。

そんなこんなで、あまりにもプレイヤーに親切すぎるシステムが満載されているので、あまりゲームをプレイしない人には丁度いいぐらいなのですが、ゲームをやりなれている人は簡単すぎて眠くなってしまうのが難点といえます(^^;)。

しかし、うってかわってこのゲームのパスワード入力画面は、やたらと不親切なんですよね。単なるアクションゲームのはずなのに、パスワードが妙に長いですし、また、入力をミスると「戻る」ことができないので、リセットして一から入力しなおさなければならないんです。しかし、このゲームのパスワード入力画面ってやたら古臭くて無機質な感じがしますよね。背景黒、文字白、全てアルファベット、BGM無し、ですし。雰囲気的には1980年代を飛び越して、1970年代の雰囲気です。

そして、1990年になると、PCエンジン版のボンバーマンがハドソンから発売されました。

ファミコン版からは色々と改良されており、面クリ時の1UP廃止、火炎バリアの効果は一面に限定、ボスが登場するようになる、と、いろいろと変化しています。とはいっても、やはりリモコンは超強力ですし、難易度も低いので、やはり一人プレイは眠くなってきますね。ボスもラスボス以外は弱いですし。

しかしながら、PCエンジン版から登場した「対戦モード」が大人気でした。これはマルチタップを繋ぐと5人までの対戦が出来るというもので、操作やルールが非常にシンプルにもかかわらず、結構熱くなれるのでゲーマー以外だけでなく、一般層にもバカ受け状態でした。格闘ゲームなどの対戦は技を出すのが難しいため、初心者にはとっつきにくいという欠点があるのですが、このゲームは爆弾を置くだけですから、ゲーム慣れしていない人でもとっつきがいいんですよね。この対戦モードの人気のおかげで、「ボンバーマン=対戦専用ゲーム」というイメージがすっかり定着してしまいました。

ところで、PCエンジン版の主人公の目的は「さらわれた博士の娘を助ける」ということになっているんですが、「人間になる」という願望は持たなくなったんでしょうかね?(^^;)

ちなみに、「ゲームセンターCX DVD-BOX4」に、ボンバーマンの回が収録されています。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ゲームセンターCX DVD-BOX4
ボンバーマン(PCエンジン版)
ボンバーマンのゲームリスト




レトロゲーム辞典 は〜ほに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system