レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーは、1987年にスクウェアからファミコン用ソフトとして発売されました。後に大人気シリーズとなるファイナルファンタジーシリーズの初めての作品となります。

当時はコマンド式のRPGでは、ドラゴンクエストが圧倒的な人気を博しており、これといった対抗馬はいない状態でした。そんなところに現れたのがこのファイナルファンタジー。発売元のスクウェアは、当時かなりマイナーなゲームメーカーでしたが、ファイナルファンタジーの出来の良さは口コミでどんどん広がり、かなりの売り上げを記録しました。そして、スクウェアの名を大きく高める事になります。

このゲームの特徴といえば、なんといっても美しいグラフィックとサウンドですよね。ファミコンのほとんどのRPGのフィールドマップのグラフィックは、升目ごと配置されたカクカクのグラフィックになっていますが、このゲームのフィールドマップのグラフィックは、まるで一枚の絵のように描かれています。滑らかな海岸線のグラフィックを見たときは驚きましたね。

戦闘シーンはサイドビューの視点で繰り広げられます。ドラクエなどのRPGでは武器を変えても攻撃力が変わるだけですが、このゲームの戦闘シーンではちゃんと武器ごとにグラフィックが変わるなど、細かい演出がなされています。プレイヤーキャラの姿も映し出され、ゲームの序盤は可愛らしい二頭身キャラのグラフィックで、中盤でクラスチェンジをすると少しリアルタッチな三頭身キャラになります。…が、この三頭身キャラは「可愛くない」と評判が良くなかったようで、以後のシリーズは二頭身キャラのグラフィックに統一されることになります。

また、各所にちりばめられた可愛らしいメッセージにも人気がありました。井戸や噴水を調べたり、アイテムを使う時に妙に気の利いたメッセージが表示されます。

このゲームで重要なのが、ゲーム開始時に選ぶ4人のジョブ。適当に選んでしまうとクリアが困難になってしまいます。特にシーフ4人のパーティーにしてしまうと、クリア不可能に近い難易度になるようです(^^;)。私は当時、戦士、モンク、白魔術師、黒魔術師のパーティーがベストだと思い、このパーティーばかり使っていたんですが、攻略サイトを見てみたら、戦士、モンク、モンク、赤魔術師のパーティーがベストのようですね。試してみたら、かなり強力なパーティーで、やたら簡単にクリアできました。古いRPGではありがちですが、魔法使いのMPが少ないから、白魔術師や黒魔術師が使いにくいんですよね。

このゲームで困るのはなんといってもポーションを買う時。ポーションが99個持てるのはありがたいんですが、一つ一つしか買えないので、99個買い込むのにやたら時間がかかってしまいます。当時はジョイカードなどの連射機のAボタンの上に辞典を置いたりして対処していましたが…。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ファイナルファンタジー
ファイナルファンタジーI・II
ファイナルファンタジー WSC 【ワンダースワン】
ファイナルファンタジー(プレステ版)
ファイナルファンタジー I・II アドバンス(GBA版)
ファイナルファンタジー(PSP版)

関連サイト
やまちん研究所
ジョブの解析を中心にした攻略サイトです。

闇の王国
全体的な攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 は〜ほに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system