レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」は、1996年に任天堂からスーパーファミコン用ソフトとして発売されました。

人気シリーズとなったファイアーエムブレムシリーズの四作目となるのがこのシリーズ。キャラを成長させながらシミュレーションマップをクリアしていくというシステムは変わりませんが、数々の新要素を追加しています。

まず大きいのは武器ごとの相性でしょう。剣は斧に強く、槍は剣に強く、斧は槍に強いといった、じゃんけんのような「3すくみ」を設定しているのがポイントです。また、魔法も似たような相性が設定しており、いままで以上に考えて武器をチョイスする戦略性が生まれました。

また、最も目立つシステムはカップリングシステムですね。いままでは脇役キャラの恋愛というと、各々の妄想でカバーするしかなかったんですが、今回はイベントやキャラ同士をマップ上で隣接させると、恋愛ポイント(?)のようなものが溜まっていき、ある程度溜まると見事にカップルが成立するという仕組みです。しかもただ恋人同士になるだけでなく、その子供が中盤以降に登場するという、画期的なシステムを搭載しているのが面白いです。

前作で欠点と指摘されていた「パラがカンストしまくってキャラ間の個性がない」という要素も改善されています。ユニットごとに設定された「スキル」やユニットごとにパラの上限が違ったりといった感じで個性が強調されています。

しかし、全体的に欠点も色々と目立つゲームです。

・マップが広すぎる
このゲームは従来の4倍以上と思われる広大なマップで構成されています。あまりに広いので全キャラを特定の地点まで移動させるときは、非常に単調で作業感が全開です。

・面倒なシステム
このゲームはアイテムが自由にやり取りできません。仲間に渡すには、中古屋に売って受け取るキャラが買い戻さなくてはならないというとても面倒な仕様です。なおかつ、所持金も軍で一括管理しているのではなく、キャラごとに所持金を管理するという謎システムです。お金の受け渡しも恋人同士や盗賊から貰うことでしか出来ません。どうみてもシステム面は、前作から大幅劣化しています。

・ゲームバランスが微妙
このゲームは序盤が妙に難しいです。友軍が一人でも倒されると隠しアイテムが貰えなかったり…。あまりに難しいので、中盤でボスをチクチク攻撃したりといった「稼ぎ」に走ると逆に簡単になりすぎるという、まるで「パルテナの鏡」のような微妙なゲームバランスです。

・稼ぎがめんどくさい
前述のボスチク稼ぎなどで経験値を稼ぐことが可能ですが、完全な作業になるので全く面白く無いんですよね。しかも、外伝と違って前のステージに戻るといったことが出来ないので、その場で目一杯稼いでおかないと心配になるのですが、あまりに稼ぎすぎて難易度が低下しすぎるんですよね。外伝のときは稼ぎのストレスなんて皆無だったのに。

といった感じで、細部のバランスが微妙なのが残念です。全体的には前作までと比べて今ひとつ見劣る印象のゲームですね。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
ファイアーエムブレム・聖戦の系譜―任天堂公式ガイドブック (ワンダーライフスペシャル)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ― オリジナル・サウンドトラッ ク
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 TREASURE(イラスト集)




レトロゲーム辞典 は〜ほに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system