レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

不思議のダンジョン 風来のシレンGB2 砂漠の魔城

「不思議のダンジョン 風来のシレンGB2 砂漠の魔城」は、2001年にチュンソフトからゲームボーイで発売されました。

ゲームボーイでは第二弾の風来のシレンとなるのがこのゲーム。今回はモノクロ専用だった前作とは違い、ゲームボーイカラー専用のゲームになっているのが特徴です。

基本的には、前作を踏襲しているゲームシステムなんですが、やはりカラーに対応しているというのは大きく、前作では敵キャラをほとんど識別できないぐらい酷いグラフィックだったのが、だいぶマシになっている印象です。また、前作では意味不明だった難易度設定システムも廃止され、少しずつ難しいダンジョンに挑戦していくといった、スタンダードなゲームシステムになっていて、完成度は高くなったんじゃないでしょうか。

がしかし、相変わらず欠点も多く見受けられます。なんといっても一番痛いのは操作性でしょう。ゲームボーイの少ないボタンだけあって、前作と変わらず相変わらず悲惨な操作性で、非常にプレイしていてストレスが貯まります。

また、グラフィックがマシになったとはいえ、所詮はゲームボーイの画面ですので、敵の識別が相変わらず困難です。これは、1ミスが致命的となるシレンではかなり辛い欠点と言えるでしょう。

上記の欠点は、スーファミから不思議のダンジョンシリーズをプレイしている者にとっては相当痛い欠点です。やはり、不思議のダンジョンシリーズはスーファミ以上のスペックのゲーム機で動かすことを前提にデザインされていますので、ゲームボーイでは無理やりな点が目立ちますね。

あと、このゲームとは直接関係ないんですが、スーファミの初代トルネコからプレイしてきていると、いい加減マンネリ感が気になってきますね。簡単な通常ダンジョンクリア→食神ダンジョンクリア→罠ダンジョンクリア→もっと不思議系ダンジョンクリア…といった大雑把な流れはスーファミの頃から全然変わっていないので、プレイしていてかなり作業感を感じました。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
風来のシレンGB2 ~砂漠の魔城~(通常版)
風来のシレンGB 2 ~ 砂漠の魔城 ~




レトロゲーム辞典 は〜ほに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system