レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

バイオミラクル ぼくってウパ

バイオミラクル ぼくってウパは、1988年にコナミからファミコンのディスクシステム用ソフトとして発売されました。

ディスクのゲームとして発売された事や、タイトルがよく言えば奇抜、悪く言えば幼稚なため、プレイするのを見送った方も多かったのではないでしょうか。私も、しばらくプレイしなかったのですが、これが遊んでみると意外と面白かったりします。

ゲーム自体は普通の横スクロールアクションゲームではありますが、攻撃方法が特殊なのが特徴ですね。主人公ウパの武器は「ガラガラ」なんですが、このガラガラで攻撃すると、敵を膨らませることができるのが特徴なんです。膨らませた敵は、一定時間乗って足場にすることができますし、スーパーマリオの甲羅キックのように、弾き飛ばして他の敵を攻撃する事も可能です。バブルボブルとスーパーマリオを足して2で割ったかのような攻撃方法ですね。

この膨らませた敵を使って、普通では上れないところに上ったりする必要がありますので、パズル的な要素は比較的強いといえるでしょう。また、ボス戦ではこちらから攻撃できないので、敵の出すザコを使って反撃するというスタイルになります。

ゲーム中にとあるアイテムを取ると無敵状態になります。無敵になるのは別に斬新でもなんでもないのですが、このゲームでは無敵になると、ハイハイで歩いていたウパが突然直立歩行で敵に体当たりをブチかますというデンジャラスな仕様になっています。初めて見た時は、誰もがビビるグラフィックです(^^;)。

ちなみに、BGMのクオリティは、ディスクシステムの拡張音源を使っているだけあって、なかなかクオリティが高いですね。ゲーム中も気分良くプレイできます。

ゲームバランスも、全体的にやや難しい感じですが、無限にコンティニューできますから丁度いい感じぐらいでしょうか。まあ、グラフィックの可愛らしさを考えると、もうちょっと簡単にしても良かった気がしなくもないですが…。

そういえば、面をクリアすると妖精に次の面に導いてもらうわけですが、この時のグラフィックがどう見ても赤ん坊が妖精に拉致されているようにしか見えなかったりします。

ゲーム自体は結構面白いのですが、ディスクで発売したのがいけなかったのか、赤ん坊にファミコンのメインターゲット層(小中学生男子)が感情移入できなかったのか、このゲームは大ヒットとはなりませんでした。そのせいか、続編らしい作品は作られておらず、ウパはこのゲーム以外だと、パロディウスシリーズの一部の作品に出演するに留まっています。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
バイオミラクルぼくってウパ




レトロゲーム辞典 は〜ほに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system