レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

マニアックプロレス

「マニアックプロレス」は、1990年にハドソンからPCエンジン版が発売されました。

プロレスゲームというものは、このゲーム以前にも色々とあったんですが、私のおぼえている限り、ほぼ全てがアクションゲームだったのではないでしょうか。しかしこのゲームはプロレスゲームでありながら、既存のものとはかなり違うゲームシステムを持っています。

このゲームは、プロレスゲームであるにもかかわらず「アクション要素が無い」んです。具体的には、試合中に相手に近づくとRPGのようにコマンドが表示されますので、技を選択していくことでゲームが進行するようになっています。

私が思うに、このゲームはファミコンの「キャプテン翼」をモデルにして開発されたっぽいですね。「試合中にコマンド選択→演出と実況が表示される」という流れは、まさにキャプテン翼そのものといった感じです。

こういったゲームシステムを持つプロレスゲームは他にありませんでしたから、かなり新鮮な感じでプレイできましたね。私は特別プロレスに思い入れがあるといったわけではないのですが、それでもかなり楽しめました。

ちなみに、RPGの如く試合毎にキャラが成長し、技を覚えるといった育成要素もあります。適当な出来ではあるもののストーリーも存在しており、敵を倒すごとにストーリーが進展していきます。

ゲームシステムはこんな感じなのですが、実はこのゲームで一番の見所は実況ではないでしょうか。古館伊知郎をモデルにしたと思われるアナウンサーが、多彩なボキャブラリーを駆使して試合を盛り上げてくれます。

例1
ボディスラムで攻撃すると
実況「投げ捨てるようにボディスラムだ!闘いのゴミ収集日だ!

例2
パイルドライバーで攻撃すると
実況「ここでパイルドライバー!リングの上は工事現場だ!

といった感じの古館節(?)を炸裂させてくれますので、かなり笑えます。さすが「マニアック」プロレスというだけのことはありますね(^^;)。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
マニアック プロレス 明日への戦い 【PCエンジン】




レトロゲーム辞典 ま〜もに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system