レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

マジカルチェイス

「マジカルチェイス」は、1991年にパルソフトからPCエンジン用ソフトとして発売されました。開発は、オウガバトルシリーズで有名な、クエストが行っています。

知る人ぞ知るといった印象のこのゲーム。知名度は低いものの、ゲームの評価は非常に高く、なおかつ発売元のパルソフトが、ゲームの発売直後に倒産してしまった事もあり、出回った数が異様に少なくなってしまいました。その結果、中古価格は非常に高騰し、現在でも1万円前後の相場みたいですね。

このゲームのジャンルはシューティングゲームで、左から右へ強制スクロールしていくというスタンダードなものです。しかし、ゲームの作りこみは非常に細かく、独自のシステムも多数搭載しています。

最も特徴的なのは、主人公の周りに存在している「星の精」ですね。この「星の精」は自機が動いた方向と逆の方向に展開するのが特徴で、通常の敵弾も消してくれるという優れものです。また、ショットを発射することもでき、ショットの方向も自機の動きと逆方向に発射する特徴があります。R-TYPEとイメージファイトを足して2で割ったような感じといえば分かりやすいでしょうか。

特徴はそれだけに留まらず、「星の精」の展開位置と、「星の精」のショットの方向を個別に固定する事も可能になっています。つまり、後方から敵がやってくる地点では、後方にショットを集中させる…、といった戦略性も要求されるわけですね。ただ単に、撃って避けるだけのシューティングゲームとは一味違う、奥深いシステムがマジカルチェイスの魅力です。

また、おそらくファンタジーゾーンをモデルにしたと思われる「買い物要素」も搭載しています。敵を倒すとお金が出てくるので、ステージの途中にあるショップで色々と買い物をすることが可能です。

サウンドは、オウガバトルシリーズのサウンドを担当している岩田匡治氏と崎元仁氏が手がけています。オウガバトルシリーズと同じく、非常にクオリティの高いサウンドがゲームを盛り上げてくれますよ。さらに、サウンドテスト機能もあるのが嬉しいですね。

余談ですが、海外版(テンゲン版)のファンタジーゾーンのBGMも、このゲームのBGMを担当した岩田匡治氏が手がけていたんだそうです(^^;)。確かに良く聞いてみると、テンゲン版ファンタジーゾーンと、マジカルチェイスのサウンドって結構似通っている印象があります。

難易度を三段階から選ぶ事ができるのも特徴です。簡単モードと普通モードはシューティングが苦手な人でもクリアできる範囲ですし、最も難しいモードはシューティング好きの人でも歯ごたえがあるバランスになっていますので、丁度いい感じではないでしょうか。なおかつ、アイテム使用などを控えるとクリア後にボーナスポイントが得られるという仕組みもありますので、スコアアタックの楽しみも十分です。

このゲームは、全体的にゲームが非常に作りこまれていて、手作りの暖かさのようなものを感じますね。コンティニュー無制限という親切設計も嬉しいですし、知名度の低さとは裏腹に、万人にお勧めできるゲームに仕上がっています。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
マジカルチェイス 【PCエンジン】
マジカルチェイスGB~見習い魔法使い賢者の谷へ
ボーステックゲームパック99 + 1(Windows版)

関連サイト
今日のゲーム!!
マジカルチェイスの説明書の内容が掲載されています。




レトロゲーム辞典 ま〜もに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system