レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

迷宮組曲

迷宮組曲は、1986年にハドソンからファミコン用ソフトとして発売されました。

ストーリーとしては、主人公のミロン君が住む「エプシロン星」という音楽の星があったのですが、「北の果てに住む魔人」という悪い奴が街中の楽器を奪い尽くした挙句、王女エルシラを城にとじこめるという暴挙にでたため、ミロン君が始末しに行くといった感じです。しかしこの「北の果てに住む魔人(マハリト)」って、楽器が目当てなんだか、姫が目当てなんだか、よくわからん奴ですね。

基本的なゲームシステムはアクションゲームではありますが、アイテムを取るとヒットポイントの上限が増えたり、恒久的なパワーアップができたりと、ゼルダの伝説に似たRPG的な要素があるのが特徴ですね。城の中には沢山の部屋があるのですが、どの部屋に入るのかは自分で選べますので、よく考えて部屋を選んでいく必要があります。

「迷宮組曲」という名前の通り、このゲームは非常に音楽にこだわった作りになっています。ファミコンの通常の音源(矩形波x2ch、三角波x1ch、ノイズx1ch)をすべてBGMにつぎ込んでいるのが特徴で、ファミコンの音源とは思えない素晴らしいBGMがゲームを盛り上げてくれます。しかし、効果音が鳴るとBGMの一部が欠けてしまうという欠点もあるのですが、私はそれほど気になりませんでした。

隠しアイテムとして「楽器箱」というものが用意されていて、これを取るとボーナスステージに突入します。ちなみに、出す方法は「頭突き」という音楽の国とは思えない原始的な方法となっています。しかし、このゲームのボーナスステージはなかなか印象深いんですよね。音符を取って行くとポイントが溜まっていき、ボーナスステージ終了後にお金に換算されるといったシステムはありがちではあるんですが、このゲームでは「ボーナスステージを重ねるごとにBGMが豪華になる」という特徴があるんです。ストーリーで説明されていた「楽器を取り戻す」という目的をここで達成しているわけですね。最初の頃は寂しいBGMなんですが、終盤になると非常に美しいメロディになるんです。このBGMを未だに覚えている人は多い事でしょう。

ゲームバランスもかなり良好ですね。攻略本も見なくてもなんとかクリアできる範囲ですし、アクション的にも それほど激ムズといったことはありませんのでいい感じです。

個人的にはゲーム中に聞ける「チョッキハ キテテモ ヒハ アツイ」というヒントが妙に印象深いです(^^;)。

そういえば、このゲームは連射が重要でないにもかかわらず、なぜかタイトル画面に「連射速度測定機能」がついているんですよね。10秒ぐらい連射すると、10秒あたりの連射数が出てきますから、それを10で割ると1秒間あたりの連射数が割り出せるという便利(?)な機能です。後に発売された「シュウォッチ」と同等の機能ですね。迷宮組曲との関連性は皆無ですが、やはり当時は「高橋名人」と「16連射」が大人気でしたからこういった機能が付いたんでしょう。

このゲームは、ゲームボーイとゲームボーイアドバンスに移植されただけでなく、最近ではWiiのバーチャルコンソールでも遊べるようになりましたね。

ちなみに、ゲームボーイ版である「ミロンの迷宮組曲」では、エンディングが結構アレンジされています。ファミコン版のエンディングは、ミロンと王女エルシラが並んで立っているシーンが出て終わりというやたらあっさりしたものですし、苦労して8周クリアしてもショボい隠しメッセージが出るだけなんですが、ゲームボーイ版では、1周クリアすると「姫がミロンにチュー」、2周クリアすると「姫とミロンが結婚」というグラフィックが拝めるようになっています。詳細はこちらのサイトで。っていうか、姫とミロンってそんなにラブラブな関係だったのか…。

ついでに、私がゲームボーイ版をプレイしたときのパスワードを書いておきます。

・1周目クリア寸前
クタシタタ タソセタ ソセソタセ

・2周目クリア寸前
クタシタタ タソセク タセサタタ

なお、「ゲームセンターCX DVD-BOX 3」に迷宮組曲の回が収録されています。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)

迷宮組曲


ミロンの迷宮組曲(ゲームボーイ移植版)
ハドソンベストコレクション VOL.3 アクションコレクション(GBA移植版)
Wii
ゲームセンターCX DVD-BOX 3

続編(?)
ドレミファンタジー ミロンのドキドキ大冒険
ミロンのほしぞらしゃぼん パズル組曲

関連サイト
All about 迷宮組曲
迷宮組曲の攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 ま〜もに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system