レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

リンクの冒険

リンクの冒険は、1987年に任天堂からファミコンのディスクシステム用ソフトとして発売されました。後にゲームボーイアドバンスに「ファミコンミニシリーズ」として移植され、Wiiのバーチャルコンソールでも遊ぶ事が出来るようになりました。

ゲームのタイトルは「リンクの冒険」ですが、パッケージに「The Legend of Zelda 2 リンクの冒険」と書かれているように、このゲームは高い人気を博した「ゼルダの伝説」の続編なんですよね。

しかし、「ゼルダの伝説」という事をあまりアピールしていない事からもわかるように、今回はかなりゲームシステムを変更しています。なんと言っても今回は「横スクロールアクションRPG」になっているのが特徴です。しかも、アクションゲーム風に「残機制」というシステムになっているんです。

ストーリーはどんな感じとかというと、前作の戦いで「力のトライフォース」「知恵のトライフォース」は奪還できたんですが、どうにも世界は平和にならない。実は「勇気のトライフォース」という3つめのトライフォースがあって、それを手に入れれば世界が平和になるわ、寝込んでいる初代ゼルダ姫(前作のゼルダ姫とは別人)が目を覚ますわ、どさくさ紛れに初代ゼルダ姫をナンパできるわでウハウハじゃん、という不純な理由でリンクは再び冒険の旅に出る事になります。

このゲームはかなりアクションゲーム風味が強いゲームなんですよね。スーパーマリオと同じく穴に落ちたらライフがいくら残っていても「一機死亡」で、残機が全部無くなったらゲームオーバーになってしまい、スタート地点からやり直しです。

アイテムのみでパワーアップしていった前作とは違い、今回は「経験値」システムになっています。ドラクエなどでお馴染みの「経験値を溜めていくとレベルアップでキャラが強くなる」というシステムですね。変わりにお金(ルピー)の概念が消えています。

しかし、単なるレベルアップシステムで終わらないのがリンクの冒険の恐ろしいところ。このゲームで一定の経験値になるとレベルアップするわけですが、その際にATTACK(攻撃力)、MAGIC(魔力)、LIFE(体力)のいずれかのレベルを選択し、レベルアップする事になります。つまり自分の好きな能力を鍛えることができるというわけですね。しかし、何か一つに絞った「特化型」のキャラクターを作ろうとすると悲惨な事になります。なんとこのゲームでは「ゲームオーバーになると、最もレベルが低い能力値のレベルに全能力が引き下げられる」という仕様を組み込んでいるのです。ですから、気合を入れて攻撃力だけをMAXにしても、ゲームオーバーになってしまったら一巻の終わりというわけです。結局、平均的にレベルを上げていくというプレイスタイルを強いられる事になります。

今回のリンクは、前作で手に入れた豊富なアイテムを何故か使う事ができず、基本的には剣技と魔法のみで戦っていく事になります。前作のように、ブーメランや爆弾などは使う事ができません。剣技としては、ゲーム途中で「上付き」と「下突き」をマスターすることができます。特に「下突き」はサクサクと連続でダメージが与えられるため、気持ちがいいです。

難易度としては結構難しい部類のゲームになりますね。アクション的にはそれほど難しくなかった初代ゼルダとは違い、今回はアクション的にかなりハードな仕上がりになっています。特にラストの舞台となる「大神殿」はかなりの難易度を誇り、アクションゲームが苦手な方ではクリアができないかもしれません。クリアのコツとしては各所に置かれている1UPアイテムを取らずに置いておき、大神殿にチャレンジする寸前にまとめて入手するといた方法が効果的です。こうすれば、大量の残機を持った状態で大神殿に挑めますので、かなり難易度が下がります。

リンクの冒険は結構マニアックなゲーム内容ですので、賛否両論が出ることとなってしまいました。しかし、アクションゲーム的にはかなり熱く、ハマれる作りになっているため、個人的にこのゲームはかなり好きですね。アクションゲームには結構自信があるという方には是非プレイしてもらいたいゲームです。

演出面ですが、神殿のBGMがかなり良好です。個人的にゼルダシリーズでこの曲が一番好きだったりします。

またとある町に
「ユウシャロト ココニネムル」
という謎のメッセージが…。任天堂にしては珍しい他社のパロディーです。

このメッセージに反応したのがエニックス…ではなく何故かスクウェア。初代ファイナルファンタジーに
「リンクここにねむる」
というメッセージを仕込んでいます。

リンクの冒険のエンディングでは、目覚めた初代ゼルダ姫とリンクがラブラブになるわけですが、前作のゼルダ姫はどこへいったんでしょ?

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)

ファミコンミニ リンクの冒険


Wii

関連サイト
リンクの冒険探索室
リンクの冒険の攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 ら〜ろに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system