レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ロマンシング サ・ガ

「ロマンシング サ・ガ」は、1992年にスクウェアからスーパーファミコン用ソフトとして発売されました。

サガシリーズといえば、それまではゲームボーイで展開されてきたシリーズなのですが、初の据え置き機で登場したのがこのゲームです。タイトルにも「ロマンシング」という言葉が入ったり、今までのサガシリーズとはかなり変更点が多いです。

まず、特徴として挙げられるのは「フリーシナリオシステム」でしょう。ゲームボーイのサガシリーズは、戦略性こそ自由度が高かったのですが、ストーリー自体は一本道で誰がプレイしてもストーリーやイベントが変わる事がありませんでした。しかし、このゲームはスタートすると8人の主人公から自由にセレクトすることができ、なおかつゲーム中のイベントの進行などもプレイヤーが自由に決められるので、まさに十人十色の展開が楽しめるというわけです。

サガシリーズ特有の戦略の幅広さも魅力です。今回はFF2のような「熟練度システム」に近いシステムを搭載しており、お気に入りの武器を使い込めばどんどんと強くなっていきます。また武器の耐久力といったものも廃止されましたので、気軽に熟練度をあげる事ができます。

また、「技」が登場したのもポイント。ただ単に武器を振り回すだけでなく、熟練度があがっていくと強力な必殺技が使えるようになったのです。使うには技ポイントが必要になるのですが、うまく使えば効果絶大ですので、他のRPGでは味わえない楽しさがあります。

と、こんな感じで非常に魅力あふれるゲームなんですが、欠点も多かったりするんですよね。このゲームは、どうやら製作途中で発売されてしまった感じが強いゲームで、伏線が回収されなかったり、入れない建物が多数あったりと気になる点が結構あります。セーブデータが消えるバグなんかもあったりするのが怖いところです。

このゲームで痛いのが「術が弱い」という点。せっかく多数の術が取り揃えられているのに、有効活用できる術はほんの一握りなのが非常にもったいないです。また、ダンジョン内の敵が異常に多く、なおかつホーミングミサイルのように主人公を狙ってきますので、テンポが阻害されるのが辛いところです。

欠点は色々あるものの、このゲームの破天荒さは他のゲームではまず見ることができないので、個人的にはかなり好きなゲームです。

また、このゲームは選択肢がやたらと面白いんですよね。個人的に「たたきころす」という言い回しが妙に気に入ってます。

あと「ねんがんの アイスソードをてにいれたぞ!」→「殺してでも うばいとる」→「な なにをする きさまらー!」のコンボはもはや伝説ですな(^^;)。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ロマンシング サ・ガ
ロマンシング サ・ガ オリジナル・サウンド・ヴァージョン


ロマンシング サガ -Minstrel Song-

PS2で発売されたロマサガ1のリメイク版です。

関連サイト
虎の巣 ロマンシングサガ1/ロマサガ1(SFC版)攻略サイト
ロマサガ1の攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 ら〜ろに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system