レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドラゴンボール 大魔王復活

「ドラゴンボール 大魔王復活」は、1988年にバンダイからファミコン用ソフトとして発売されました。

ファミコンで発売されたドラゴンボールのゲームでは第二作目となるのがこのゲーム。前作の「神龍の謎」は出来の悪いアクションゲームだったのですが、今回は大きくゲームシステムを変更しており、RPG+アドベンチャー+すごろく+カードバトルという新感覚のゲームになっているのが特徴です。

マップ上の移動はすごろく風味のマップになっており、所有しているカードの強さによって移動力が決まります。到着時のマスでいろいろとイベントが起きるのも、まさにすごろくといった感じです。

敵と出会うと戦闘シーンに。今回の戦闘シーンは「カードバトル」で展開されます。普通のRPGとは違い、カードで負けてしまうと、いつまでたっても攻撃できないため、レベルが上回っていてもカード次第では逆転される可能性があるというのがなかなか新感覚で面白いです。

イベント施設に入るとアドベンチャーパートに。普通のアドベンチャーゲームのように、移動や探索コマンドを実行していってゲームを進めていきます。

このゲームは前作とは違って、数々の斬新な要素を詰め込んでいるために、なかなか見所が多い作品といえます。このゲームはなかなか好評だったようで、このゲームのシステムを基本とした作品を「ドラゴンボールのゲーム」としてしばらくバンタイは続編を製作する事になります。

このゲームの難点といえば、アドベンチャーパートが難しいことですね。序盤から同じキャラに3回連続で話さないと先に進めないところがあったりしますから、アドベンチャーパートで詰まってしまって。投げ出してしまう事も多かったのではないでしょうか。

また、アドベンチャーパートでは、即死ポイントが結構多いのも問題です。アドベンチャーパートで特定の行動をとってしまうと、即座にゲームオーバーになってしまいます。中には、「リンゴを食べる→即死」なんていう、ドラゴンボールの世界観からはかけ離れた罠も用意されているのが困ったもんです。

ついでに、このゲームは全体的に不気味な雰囲気に包まれているのも困りますね。ゲーム序盤でさっそくクリリンの死体の処理をしなくてはなりませんし、何の前触れもなく出現する敵や、何の前触れもなく大音量で鳴り響く効果音や、全体的に不気味なBGMのせいで、このゲームがトラウマになってしまった人は多いかもしれません。私もその一人(^^;)。ドラゴンボールは、結構コミカルなマンガなんですから、ここまで不気味にしなくても…。

関係ないですが、「仲間アイテム」をゲットできたに表示される「心強い味方が付いたぞ、ヤムチャじゃ!」というメッセージに「どこがやねん!」と突っ込んでしまったのは、私だけではあるまい(^^;)。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドラゴンボール 大魔王復活

ドラゴンボール 完全版
ドラゴンボール 全42巻(単行本)
ドラゴンボールのDVDリスト

関連サイト
REAL ROBOT'S Web Site
ドラゴンボール 大魔王復活の攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system