レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドラゴンボール3 悟空伝

「ドラゴンボール3 悟空伝」は、1989年にバンダイからファミコン用ソフトとして発売されました。

タイトルの通り、ファミコンのドラゴンボールのゲームとしては三作目となるのがこのゲームです。基本的なゲームシステムは前作のものを継承しており、すごろく移動&カードバトルというのは前作と同じです。全体的に細かいところが改良されて遊びやすくなっています。

前作はピッコロ編を舞台にしてはいるものの、中身は殆どオリジナルのものでした。しかし今回は、原作にかなり近い感じでストーリーが展開されていき、原作の第一話の場面から、二代目ピッコロを天下一武道会で倒すところまでを収録しているため、ボリュームアップしている感じですね。しかし、「ピッコロ大魔王に滅ぼされた天下一武道会の復活が悟空の目標」「レッドリボン軍はピッコロの手下」「ドラゴンボールを集め終わるタイミングか違う」など、いろいろと違いはあります。

また、前作でプレイヤーを苦しめたアドベンチャーモードが大幅に簡単になっているのも特徴です。前作では詰まるポイントや即死ポイントが多数仕掛けられていたんですが、今回はかなり簡単で即死ポイントも皆無に近いので、バトルを中心に楽しむ事が出来るようになっています。

細かいところでは、ゲーム全体の雰囲気が明るくなった点も見逃せません。前作は、ドラゴンボールらしからぬ不気味な雰囲気が漂うホラーゲームだったのですが、今回は原作の雰囲気を損ねない明るい雰囲気になっていますので、ドラゴンボールファンは安心です。

全体的にキャラゲーとしては、かなりいい感じのゲームではないでしょうか。バトルシーンでは、キャラクターが多彩に動いてくれて見ているだけで楽しいですし、カードバトルシステムは、普通のRPGやシミュレーションゲームでは味わえない感覚ですので、結構気に入っています。このゲームは、ドラゴンボールのゲームとして、十分及第点を与えていい出来だと思います。

おまけとして、エンディングでタイミングよくボタンを押すと、ラディッツ&アラレちゃんと対戦が可能になっているのが嬉しいところです。

このゲームの難点といえば、パラメータの振り分けですね。このゲームはレベルアップ時に能力値を自由に振り分ける事ができるという、妙にマニアックなシステムになっています。能力値と実際の効力がわかりにくくなっており、適当に能力を上げてしまうとクリアが困難になってしまうんです。「スピード」が最も重要なのですが、スピードを軽視してしまうと大変な事に…。ボス戦とザコ戦でパラメータの役割が変わったりと、よくわからないことになっていて大変です。ついでに、パスワードコンティニューもけっこう面倒です。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドラゴンボール3 悟空伝

ドラゴンボール 完全版
ドラゴンボール 全42巻(単行本)
ドラゴンボールのDVDリスト

関連サイト
http://www.angelfire.com/nt2/bouzu/db3.html
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/5086/k-db3.html
ドラゴンボール3 悟空伝の攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system