レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドラえもん

ドラえもんのゲームといえば色々あるのですが、このページでは1986年にハドソンがファミコン用ソフトとして発売したゲームについて書きます。

このゲームの名前は「ドラえもん」。後にエポック社から発売された「ドラえもん ギガゾンビの逆襲」と区別するために、「ハドソンのドラえもん」とか「白ドラ」などと呼ばれているようです。ちなみに徳間書店の大技林には「ドラえもん(ハドソン版)」というタイトルになっています。

このゲームは、ドラえもんが原作に登場する道具を駆使して、敵にさらわれた、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんを救出していくのが目的なのですが、「面によって大きくゲーム性が変化する」というのが特徴でしょう。

まず1面の舞台は「開拓編」。この面はチャレンジャーのシーン2のようなトップビューの構成になっており、その中からアイテムや通路を探すというアクションゲームになっています。ちなみに、通路や建物の中に入った時はサイドビューに変化します。マップ自体が結構広いですし、ワープする「どこでもドア」の出口がランダムに変化するため、結構難しいです。マップさえわかっていれば攻略は難しくないのですが、それでもボスは強敵ですね。

2面の舞台は「魔境編」。アクションゲームだった1面とは異なり、この面はシューティングゲームに変化します。縦横に変化するスクロールなのが特徴で、途中にある「隠し通路」を発見するとスネ夫やジャイアンやスモールライトを発見でき、そのまま戦力になってくれるという特徴があります。

ジャイアンが一番強いかと思いきや、意外とスネ夫が攻撃範囲の広さから活躍したりします。スモールライトはかなり強力で、見た目はグラディウスのリップルレーザーと同じなのですが、「体を小さくする」という効果があるのか、全てのザコ敵を一撃で倒す事が可能です。

難易度としては、この2面が一番難しいですね。マップ自体はそれほど複雑ではなく、隠し通路を見つけなくてもクリアは可能なのですが、敵の攻撃がかなり激しいです。シューティングに慣れている人でも何度かゲームオーバーになってしまうでしょう。キャラゲーなんだから、もうちょっと難易度を下げても良かった気もしますが…。

最後の3面の舞台は「海底編」。基本的にはサイドビューのアクションステージで、アクション的にはそれほど難しくはないんですが、通り抜けフープを初めとしたアイテムをうまく使いながら、仲間を救出する必要があるので、アドベンチャーゲームの要素が強いといえるでしょう。

全体的には、キャラゲーの割に丁寧に作られていますので、かなり遊べますね。マップが広かったり、敵の攻撃が激しかったりと、結構マニアックなゲームバランスですが、無限コンティニューできるという救済措置もありますので、なかなかの出来なのではないでしょうか。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドラえもん

ドラえもんの漫画リスト
ドラえもんのDVDリスト

関連サイト
ミスターXの野望
ドラえもんの攻略サイトです




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system