レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドラゴンクエスト

ドラゴンクエスト(初代)は、1986年にエニックスからファミコン用ソフトとして発売されました。開発はチュンソフトが行っています。

もう日本人で、その名を知らぬものはいないといっても過言ではないのが「ドラゴンクエストシリーズ」ですが、その第一作目がこの「ドラゴンクエスト」なのです。

初代ドラクエ以前にも、ファミコンでは「ドルアーガの塔」「ハイドライドスペシャル」「ゼルダの伝説」といったアクションRPGは発売されていたものの、コマンド式のRPGは初代ドラクエがおそらく初めてではないかと思います。

グラフィックは2D表示のウルティマをベースにしており、戦闘シーンは対話式のウィザードリィをベースにしているという特徴があります。当時のファミコンユーザーの大多数(私を含めて)は、ウルティマやウィザードリィなんかで遊んだ事がありませんでしたから、この初代ドラクエをプレイしたときの驚きはそれはもう凄いものでしたね。

しかも、ただ単にウルティマやウィザードリィを猿真似しただけというわけではなく、難易度やゲームバランスはかなり優れたものであり、ゲームシステムも小学生でも無理なく理解できるぐらいシンプルなものだったので、老若男女問わず大人気になりました。

といっても流石に今プレイすると古さが目立つのも事実で、特に目に付くのは「キャラの向き」が無い事ですね。誰かに話しかけるときは「きた、ひがし、にし、みなみ」のいずれかを選択しなければならないという、今では考えられないレガシーな会話システムになっています。主人公も常に正面を向きながら移動しているので「まるでカニ歩きだ」なんていわれていました(^^;)。

このゲームで一番印象に残るメッセージといえば「きのうはおたのしみでしたね」ではないでしょうか。ローラ姫と一緒に宿屋に泊まったときに出るメッセージですね。特別なグラフィックが表示されるわけでもなく、ただ単に思わせぶりなメッセージが表示されるだけなのですが、ミョーに印象に残るんですよね、コレ。

当時のファミコンゲームらしく、私の周辺でもデマがいろいろ流れましたね。なんでも友人が「絶対にロトの盾はあるんだ!」と力説していたのをいまだに覚えています。まあ結局存在しなかったわけですが…。

そういえば「竜王には、ロトのつるぎ以外の武器は通用しない」なんてメッセージが町の人から聞けるのですが、実はレベルが上がっちゃえば、最弱の武器「たけざお」でも簡単に倒せてしまえます。「たけざお」でサクっと刺されて昇天するラスボスって一体…。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドラゴンクエスト
ドラゴンクエスト1・2(スーパーファミコン版)
ゲームボーイドラゴンクエストI・II(ゲームボーイ版)

ドラゴンクエストのサントラリスト

関連サイト
図書室
ドラゴンクエストの攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system