レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドラゴンクエストI・II

「ドラゴンクエストI・II」は、1993年にエニックスからスーパーファミコン用ソフトとして発売されました。

名作として名高いドラゴンクエストシリーズですが、1993年あたりになると「ドラクエ5は遊んだ事があるけど、1や2は遊んだ事が無い」「1や2をもう一度遊びたいけど、ファミコンが壊れてしまってプレイできない」という声も多くなってきました。そんなニーズに応えて発売されたのがこのゲームです。名作ドラゴンクエスト(初代)と、ドラゴンクエストIIをセットで移植しています。

スーパーファミコンの作品というだけあって、グラフィックやサウンドは大きくパワーアップしています。…が、ドラクエ2の名曲として名を馳せた「Love Song 探して」は、ファミコン版と比べて劣化しているのが残念。

ファミコン版は「ふっかつのじゅもん」というパスワードを入力する必要があったのですが、今回はスーパーファミコンだけあって、バッテリーバックアップでのセーブが可能となっています。パスワードを間違えて苦労がパーになるという心配はなくなりました。

基本的なストーリーやイベントはファミコン版と同じですが、細かいゲームシステムはいろいろと進歩しています。ドラクエ1でおなじみの「勇者のカニ歩き」も改善されています。

ゲームバランスは大幅に見直されており、経験値やゴールドが非常に溜まりやすくなっており、ファミコン版と比べて非常にサクサク進むようになっています。イベントが少ないドラクエ1は、一日でクリアできるほどです。ドラクエ2のロンダルキアの洞窟も、そんなに難しくありません。

しかし、なぜか半キャラ単位で移動するんですよね、このゲーム。このシステムのせいでキャラを動かす時にストレスが溜まってしまうのが難点です。

全体的な印象としては非常に遊びやすく、万人向けのRPGとなっていますが、あまりにお手軽すぎて「ファミコン版のシビアさが良かったのに!」という意見も出てくるかもしれません(^^;)。

後にこの作品は、ゲームボーイにも移植されています。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドラゴンクエストI・II(スーパーファミコン版)
ドラゴンクエストI・II(ゲームボーイ版)

ドラゴンクエストのサントラリスト




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system