レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドラゴンクエストII 悪霊の神々

ドラゴンクエストII 悪霊の神々は、1987年にエニックスからファミコン用ソフトとして発売されました。開発はチュンソフトが行っています。

「ロールプレイングゲーム」というジャンルをファミコンユーザーに認知させる事に成功した「ドラゴンクエスト」。そのドラゴンクエストの続編がこの「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」です。

ストーリーとしては、前作の戦いから100年後の世界が舞台となっており、前作の勇者とローラ姫の子孫の三人が悪の大神官ハーゴンを倒しにいくというストーリーになっています。

ゲームシステムは、前作と変わらずコマンド入力式のRPGなのですが、数多くの要素がパワーアップしています。最大の改良点は「パーティープレイ制」の導入でしょう。前作は、勇者一人が孤独に旅をし、モンスターにタイマン勝負を挑み続けるというなんとも漢らしいゲームシステムだったのですが、今回は個性の異なる三人のキャラクターで旅をし、チームワークを生かして敵を倒していくゲームになっています。今となっては当たり前すぎるシステムではありますが、当時はとてつもなく斬新に感じたものです。

一人目のキャラクターは、ローレシアの王子。一応主人公です。「勇者ロトの血を強く引いている」という設定らしく、三人のなかでダントツの攻撃力を誇っています。その攻撃力はそりゃもう凄いもので、あの「はぐれメタル」を通常攻撃の一撃で仕留めることができるぐらいです(まあ、ドラクエ2のはぐれメタルは、あんまり硬く無いんですが)。その代償として、魔法が一切使えないという欠点があり、ドラクエの主人公としては珍しく魔法が使えない主人公となっています。

二人目は、サマルトリアの王子。直接攻撃もある程度こなし、魔法も結構得意という前作の勇者に似たバランス重視のキャラクターではあるのですが、いかんせんパワーに欠けるのが難点です。ローレシアの王子と比べると遥かに攻撃力が落ちるので、直接攻撃でのダメージはオマケみたいなもんだったりします。しかも装備可能な最強の武器が(はやぶさのけんと、はかいのつるぎを除外すると)「てつのやり」なんだから困ったもんです。バランス重視というより「中途半端」といった印象が強く残る仕上がりになっています。のんびりした性格らしく、争いごとにはむいていない彼ではありますが、実は可愛い妹がいたりします。うらやましい。

三人目は、ムーンブルクの王女。シリーズは初の女性のプレイヤーキャラクターです。その特徴は、攻撃力とHPが低い代わりに魔法が得意という、バリバリの魔法使い的なキャラクターです。なんだか知らないうちに仲間になったサマルトリアの王子と違い、「犬に変えられてしまった王女の呪いを解く」というイベントを経て仲間になるようになっています。キャラデザやグラフィックも結構可愛らしく仕上がっているので、萌えてしまったゲーマー多数!?

ゲームバランスは結構厳しめのバランスになっています。特に「ロンダルキアの洞窟」の難易度はかなり高く、当時のファミコン少年は、エベレスト登頂と同じぐらい困難に思えたものです。まあ、無事に突破した時の感動は凄いものがありましたが。

電源を切っても、「ふっかつのじゅもん(パスワード)」を入力すれば、続きからできるのですが、三人パーティーになったことにより、ふっかつのじゅもんがかなり長くなってしまいました。そのせいで、パスワードを間違えてしまい、せっかく数時間プレイした苦労がパーになることもしばしば…(^^;)。

しかし、その救済措置といってはなんですが、パスワード入力画面には「Love Song 探して」という名曲がBGMとして流れるようになっています。私はこの曲が大好きで、パスワード入力時に特に苦痛な気持ちは無かったですね。

そういえば、このゲームって仲間が1〜2人の状態でのフィールド上のBGMがやたらとカッコイイんですよね。私も好きだったんですが、仲間が3人揃うと、妙にリゾート気分溢れるBGMになってしまうのがちょっと残念でした(^^;)。

このゲームは、その出来のよさから発売日から全国各地で、カセット争奪戦が繰り広げられることになりました。「ドラクエの発売日フィーバー」が始まったのはこの作品からでしたね。

また、「ゲーム雑誌が情報を出しすぎるから」という理由で、エニックスがハイスコアというゲーム雑誌を訴える事件も起こりました。その結果、ハイスコアはドラクエ2の画面写真を掲載できなくなってしまいました。

詳細はこちら
ドラゴンクエストU事件仮処分決定

また、私は最近まで知らなかったんですが、MSX版には「あぶないみずぎ」というアイテムがあるんですね。しかも、単なる防具というだけでなく、王女が装備すると水着の一枚絵が表示されるという、ドラクエの常識を打ち破るオマケ要素も存在しています。

詳細はこちら
[MSX] 「あぶないみずぎ」 をもらいに行こう

実は、このゲームがドラクエシリーズの中で個人的に一番好きだったりします。1からの大幅な進化と、パーティープレイの衝撃はいつまでたっても忘れられません。当時は、サルのように何度もクリアしましたね〜。

ついでにこんなの見つけました(^^;)。



関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドラゴンクエストII
ドラゴンクエストI・II(スーパーファミコン版)
ドラゴンクエストI・II(ゲームボーイ版)

ドラゴンクエストIIのサントラリスト

関連サイト
図書室
ドラゴンクエストIIの攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system