レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」は、1988年にエニックスからファミコン用ソフトとして発売されました。開発はチュンソフトが行っています。

泣く子も黙る国民的RPG「ドラゴンクエストシリーズ」ですが、この第三作目の「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」で、名声は頂点を極めた感がありますね。このゲームは発売当日から大きく取り上げられ、「ビッグカメラに1万人の行列が!」などと、ワイドショーなどで報道されたことをいまだに覚えています。「ママ止めないで!ドラクエがボクを待っている」という見出しで、学校をサボってドラクエを買いにいった子供のことを、どこかの新聞かは忘れましたが報道していました。

前2作のゲームシステムを引き継いでおり、正当に進化させた感じですね。パーティープレイ制は今回も健在ですが、3人から4人に増えただけでなく、「パーティーのメンバーが自由に編成できる」という要素が付いたのが大きいです。前作はメンバー3人が完全に固定されていましたから、これはかなりの進化といえるでしょう。キャラメイクやメンバーの入れ替えは「ルイーダの店」で行う事になります。

当時の私はこの自由度の高いシステムを「なんて斬新なゲームシステムなんだ!」と感じていたんですが、後になって考えてみるとウィザードリィの模倣(悪く言えばパクリ)だったんですよね(^^;)。でもまあ、遊びやすさはドラクエ3の方が上ですし、面白いんで良しとしておきます。

忘れちゃいけないのが「バッテリーバックアップ機能の搭載」でしょう。前2作は「復活の呪文」というパスワードを入力する必要があったのですが、今回はゲーム内容が肥大化したためパスワード制にすると、とんでもないパスワードの長さになってしまうことから、内蔵された電池によってプレイデータが記憶される事になりました。ドラクエ2のパスワードの長さに苦しんでいたプレイヤーにとっては朗報ではあるのですが、今度は「アクシデンドが起きてデータが消える」なんてことを心配する要素も出てきました(^^;)。とくにドラクエのデータが消えてしまった時は「おきのどくですが ぼうけんのしょ○は きえてしまいました」というメッセージと共に、呪いのアイテムを装備したときのBGMが流れますからねぇ…。この演出が、トラウマになってしまった人も結構いるとか。

あと、タイトル画面がやたらと簡素という特徴もありましたね。黒い画面をバックに「DRAGON QUEST III」という文字が表示されるだけという、1や2と比べてもあまりにも質素すぎるタイトルですが、これはロムの容量が足りなくて泣く泣くタイトル画面を削ったためなんだとか。

ドラクエ3は、ゲームバランスと自由度が共に優れているおり、稀代の名作RPGといっても良い出来です。ファンの間でも「3が最高傑作!」という意見が多いのもうなずけます。

そういえば、遊び人がレベル20になると賢者に転職できると言う設定は、戦国武将の「織田信長」のエピソードを元にしたものなのでしょうか?(念のため解説:信長は若い頃は「うつけ者」と呼ばれ馬鹿にされていたが、その後超一流の戦国武将として活躍した)

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(ファミコン版)
ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(スーパーファミコン版)
ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(ゲームボーイカラー版)

ドラゴンクエストIIIのサントラリスト

関連サイト
図書室
ドラゴンクエストIIIの攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system