レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」は、1990年にエニックスからファミコン用ソフトとして発売されました。開発はチュンソフトが行っています。

シリーズを重ねるごとに人気を高めていき、ドラクエ3で頂点を極めた感のある「ドラゴンクエストシリーズ」ですが、第四作目となる今作も色々と注目を集めました。

最大の注目点は「ストーリーが新シリーズになった」ということでしょう。ドラクエ1〜ドラクエ3で一つのストーリーが完結しており、ドラクえ4は新しい世界でストーリーが展開されます。終盤に「天空の城」という場所が登場する事からドラクエ4〜6を「天空シリーズ」と呼ぶ事も多いようです。

従来のシリーズは完全に「勧善懲悪」のストーリーであり、敵は悪い奴、こちらは正義の味方という設定だったのですが、今回は「ラスボスは悪い人間に恋人を殺されてしまったので、人間に復習している」という設定になっており、いままでとはかなり違う感じのストーリーになっています。そういったややっこしいストーリーのせいか、全体的にかなり暗〜い感じのストーリーが展開されていきます。ラスボスも「禁断の秘宝をつかってバケモノになった」というグロ設定ですしね…。

今回も、前作までと同じく、コマンド入力式のRPGであり、ゲームシステムや画面のレイアウトなどもかなりの部分を流用していますが、パーティー編成システムはかなり変化しましたね。前作のドラクエ3では「ルイーダの店」で自由自在にキャラエディットと編成が可能なシステムになっていて、非常に自由度が高いゲームであったのですが、今回は自由度という点ではかなり制限があります。

このゲームは、今までのシリーズと異なり5つの章に分かれてストーリーが展開されていきます。章により主人公や味方のキャラクターが固定されていますので、ドラクエ3までとはかなり違うストーリー展開ですね。仲間キャラのストーリーは深く掘り下げられているのですが、ドラクエ3の自由度を愛していたプレイヤーからはこのゲームシステムを批判する声が少なくありませんでした。

最終章の5章になると、ようやく自由にパーティー編成が出来るようになるのですが、一度に戦闘に参加させられるのは4人までとなっており、残りのキャラは馬車に待機していなくてはなりません。しかも、キャラごとに結構な能力差(ライアン、勇者、アリーナ、クリフトのパーティーが圧倒的に強い。)がありますので、使うキャラクターは必然的に限られてくるのも難点です。ついでに、前作にあった「転職システム」も削除されています。

また、ロムの容量と値段が肥大化したのも特徴ですね。4Mbitロムカセットを使用しており(ドラクエ3は2Mbit)前作で非常に簡素だったタイトル画面も、今回は無駄に豪華になりました。しかし「タイトル画面を削れば、3メガのROMでよかったんじゃ…」という皮肉が結構聞こえてきたり(^^;)。

お値段も驚きの8,500円!ドラクエ3が5,900円だった事を考えると、ちょっとアレですね、この価格。ちなみに同時期に発売されたファイナルファンタジー3も8,400円と高価格だったのですが、ドラクエ4より100円安かったことから、不思議と価格に対する愚痴は殆ど聞かれませんでした(^^;)。

忘れちゃいけないのが「AI戦闘システム」ですね。このゲームは「仲間と共に戦っている」という臨場感を出すために、最終章では勇者以外のメンバーはコマンド入力ができず、AI(人工知能)におまかせしなければなりません。しかし、このAIがかなり頭が悪いことがいまだに人々の記憶に深く残っており、特にクリフトの「ボスにザキ・ザラキ連発」仕様は、いかんともしがたいものがあります。このAIシステムはかなり評判が悪かったらしく、続編のドラクエ5では「めいれいさせろ」というプレイヤーがコマンドを入力できる作戦が追加されました。

このゲームは、「容量が多い」「値段が高い」「自由度が低い」「仲間キャラのセリフが多い」という、良くも悪くも「イマドキのRPG」になった感がありますね。レトロテイストのRPGとしてはドラクエ3で完成されているので、こういった方向に進化させたのだと思いますが、やはり非常に評価の高かったドラクエ3とかなりの違いがあるため、批判の声も多かったゲームです。個人的には、ゲームバランスがしっかりしたゲームですから、決して嫌いなわけではないんですけどね。

ゲーム自体は自由度があまり高くないのですが、オマケ的な要素であるはずの「カジノ」は、やたらと気合が入った出来です。ポーカー、スロット、闘技場と、3つのゲームで遊ぶことが出来ます。特にポーカーはゲーセンのメダルゲームコーナーにおいてあるものと遜色ない出来で、このポーカーだけでかなり長く遊べるのが凄いところです。このポーカーの出来があまりに良いので、本編そっちのけでハマってしまった人は多数いることでしょう。ちなみに、初期のROMですとカジノで「838861枚」を4ゴールドで購入する事が可能です。

このゲームで一番有名の曲といえば「エレジー」通称アッテムトの曲ですね。あの絶望感と不気味さはいまだに忘れられません。そういえば、2章クリア時の城を出るときの足音が妙な音になるんですが、あれはバグなのか演出なのか…。当時はあの音が夢に出てくるぐらい恐怖を感じました(^^;)。そのほかに「デスピサロが人間を殺す夢」も怖いですし、このゲームは妙に「恐怖ポイントが多いですね。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(ファミコン版)
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(プレステ版)
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DS版)

ドラゴンクエストIVのサントラリスト

関連サイト
図書室
ドラゴンクエストIVの攻略サイトです。




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system