レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ドルアーガの塔

ドルアーガの塔は、1984年にナムコからアーケード版が発売されました。その後数多くの家庭用ゲーム機に移植されました。

当時は、数多くの斬新なゲームが登場していましたが、ドルアーガの塔はその中でも際立って斬新なゲームとして注目を集めました。アイテムを取ってパワーアップと聞くと、それほど斬新ではないような気がしますが、そのパワーアップは永続的なのがポイントです。ミスして自機を失ってもパワーアップの効果は消えません。つまり、アクションゲームやシューティングゲームとは違い、RPGテイストのゲームシステムというわけですね。

なぜこのようなゲームシステムになったかと言うと、「ゼビウス」でも有名な製作者の遠藤雅伸氏が当時、パソコンのウィザードリィにハマっていて「なんとかしてウィザードリィの面白さをアーケードゲームで再現できないものか」と思い立ち、半ば強引にRPGテイストなアーケードゲームにしてしまったのが「ドルアーガの塔」なんだとか。ちなみに、基盤はマッピーと同じもので、ドルアーガの最初の目的は「余っているマッピーの基盤を有効利用するため」というものだったんですが、ドルアーガが予想以上の人気を博してしまったので、基盤もドルアーガ用に生産しなおしたという逸話が残っています。

ドルアーガを語る上で欠かせないのが「宝箱の出し方」でしょう。隠し要素を探すという意味では、ゼビウスのソル探しと同じなのですが、ドルアーガの宝箱は取り逃すとクリア不可能になるものばかりなので、殆どの階で宝箱を発見する必要が出てきます。しかし、この宝箱の出現条件を見つけるのは凄まじく困難なんですよね。序盤は、敵を倒せば出現などと言う単純なものなのですが、階が上がるにつれどんどん理不尽なものになっていき、中には「1Pスタートボタンを押す」なんてものもあります。事実上、攻略方法を事前に熟知していないとクリアは絶対不可能でしょう。一部のヘビーゲーマー同士で、情報交換も行われたようですが、普通の人がクリアするのはまず不可能な仕様でした。

と、アーケード版は「佳作〜秀作」止まりの印象が強かったドルアーガですが、ファミコン版が出てからは、一転して「名作」の栄誉を得る事になります。もともとRPGテイストのゲームですから家でじっくりと遊べるタイプのゲームと相性がよいですし、お小遣いを気にせず無限コンティニューできることが評価されました。なおかつ、「攻略本」の存在が大きいでしょう。同人レベルではゼビウスの攻略本などが出回っていたのですが、実は、商業レベルの攻略本の元祖がドルアーガの塔の攻略本なんだそうです。実質、攻略本必須のこのゲームで、ゲームと共に攻略本も大ヒットとなりました。攻略法さえ知っていれば、アクション自体はそれほど難しくなかったのも大きいですね。激しいアクションが苦手な人にもドルアーガは受け入れられたようです。

また、ファミコン版には裏ドルアーガと言うおまけも用意されました。タイトル画面でコマンドを入力すると普段とは宝箱の出し方が変わる「裏ドルアーガ」に挑戦することが出来ます。当時のアーケードゲームからの移植作は「劣化コピー」の印象が否めませんでしたが、オリジナルを凌駕するボリュームが追加されたのは、なかなか刺激的でした。ちなみに、プレステの「ナムコミュージアム Vol.3」では、裏ドルアーガだけでなく、さらに難易度の高い「闇ドルアーガ」を遊ぶ事が可能です。

このゲームで最初の敵となる「スライム」。後にRPGの最弱キャラとして名を馳せるスライム君ですが、ドルアーガの塔でもそのゼリー状の体をぷるぷる震わせながら攻撃してきます。が、しかし実はオリジナルの(テーブルトークRPGやウィザードリィに登場する)スライムのルックスはドロドロとした、いわばジェル状の生き物なんです。ドロドロした物体が地面を這いずり回っているわけですから、スライムはかなりグロい生き物といえるでしょう。しかし、当時のハードウェアスペックではこういった表現が出来なかったことから、スライムはゼリー状の妙に愛らしい物体になったんだそうです。この「ゼリー状スライム」は、「ドラクエ」に受け継がれ人気を博し、「ぷよぷよ」でも大人気のキャラクターとなりました。日本版スライムは、ドルアーガの時代のハードウェアスペックが生んだ、奇跡のヒーローと言えるのかも!?

個人的な思い出なんですが、当時はドルアーガの「ZAP」がメチャクチャ怖かったんですよね。ZAPとはドルアーガを無視して先に進もうとしたり、カイを殺したりといった致命的なプレイに与えられるペナルティなわけですが、そのZAPを知らせる画面が、真っ暗な画面に「YOU ZAP TOO...」という怪しげな英文だけが表示されるというものなんです。当時小学生だった私には英文は理解できず、その時流れるBGMも奇妙なものだった事もあり、ZAPにとてつもない恐怖を抱いていました。もう、ZAPの画面を思い出すと夜寝付けないほどで(^^;)。いわゆるトラウマって奴ですか。昔のゲームはグラフィックがしょぼいので、その分を脳内補完するわけですが、マイナスの方向に向かうと、恐ろしい恐怖とトラウマになってしまうんですよね。私は、ホラー映画なんかは全然怖くないんですが…。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ドルアーガの塔(ゲームボーイ版)
ドルアーガの塔(PCエンジン版)
ナムコミュージアム Vol.3(プレステ版)
ナムコミュージアム Vol.2(PSP版)
ナムコミュージアムDS(DS版)
ナムコヒストリー Vol.2(Windows版)
Ultra2000 ドルアーガの塔(Windows版)

ファミリーコンピュータ ドルアーガの塔のすべてがわかる本
ナムコミュージアムvol.3 超研究 (じゅげむBOOKS)

関連サイト
ドルアーガの塔 攻略
アーケード版のドルアーガの塔を攻略したサイトです。

ドルアーガの塔の世界
多機種のドルアーガの塔の攻略したサイトです。




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system