レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

デジタルデビル物語 女神転生

これは、初代女神転生ですね。

デジタルデビル物語 女神転生は、ファミコンソフトとして1987年にナムコから登場。開発は、発足間もないアトラスが開発していたんだそうです。コンピュータを使って悪魔を仲魔にしたり、悪魔同士を合体させてより強い悪魔を作ったり、といった斬新なシステムが話題を呼びました。このページを見ている皆さんも、「マッカを渡したら一声吠えて逃げられた」とか、「可愛いエルフを仲間にしようと何時間も迷宮を彷徨った」とか、いろいろ思い出があると思います。

悪魔合体などのシステムばかりが注目されがちですが、個人的にはグラフィックやサウンドもかなり好きです。サウンドは、スタート地点である「ミコンの町」の曲が明るい感じでいいですね。あと、ラストダンジョンである「アンフィニ宮殿」の曲は、最初は静かな感じで始まりますが、徐々に盛り上がってくる感じの曲になっていて、終盤のゲームを盛り上げてくれました。アンフィニ宮殿みたいな曲をファミコンで聴いたのは、たぶん女神転生が初めてだと思います。

グラフィックも結構気に入っていて、特に主人公二人(ナカジマとユミコ)の顔グラフィックが大きく表示されます。このグラフィックは当時のファミコンゲームのレベルでは格段に美しいもので、よくもまあファミコンの少ない色数でこんなグラフィックが表現できたもんだと今でも感心しています。そういえば、この2人のキャラクターデザインって、ガンダムZZの人と同じみたいですね。

悪魔のグラフィックも、女神転生2(ファミコン版)以降はリアルタッチなものになりましたが、初代では結構コミカルタッチに描かれていて、特にエルフやアルラウネといった妖精系のグラフィックが可愛くて好きでした。しかし、ヨモツシコメのグラフィックは結構怖い(^^;)。そういえばドリアードって、2以降ではワンピースを着た少女風のグラフィックだったと思いますが、初代はどう見ても木の化け物にしか見えないグラフィックになっています。

あと、古いRPGにありがちな「妙に高い自由度」も兼ね備えています。序盤でも、お金があればいきなり最終ダンジョンにあるお店で、最強クラスの武具を買えてしまったりします。

しかし、周囲にうろつく敵に狩られると、いままでの貯金がパーになってしまう危険性もあるという、なかなかエキサイティングな仕様です。

難点はやはり3Dダンジョンである事でしょうか。私は最初マップ無しでやったんですが、マズルカあたりが限界でした。オートマッピングなんて気の利いたものも付いていませんし、このゲームは事実上攻略本必須ですね。

「旧約・女神転生」という名前で、スーパーファミコンに初代女神転生と女神転生IIが移植されています。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
デジタルデビル物語 女神転生
旧約・女神転生


TOKUMA Anime Collection『デジタル・デビル物語 女神転生』

当時作られたOVAを、DVDに収録したものです。

関連サイト
FC版女神転生1 完全攻略!
ファミコン版の女神転生を完全攻略したサイトです。




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system