レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

天地を喰らう(ファミコン版)

天地を喰らう(ファミコン版)は、1989年にカプコンがファミコン用ソフトとして発売しました。

本宮ひろ志氏の漫画「天地を喰らう」をゲーム化したのがこの作品。三国志を舞台をロールプレイングゲーム化したという異色作です。ちなみに同名のアーケードゲームはアクションゲームであり、本作とは完全な別物です。

キャラクターデザインは当然のことながら本宮ひろ志氏が担当しているのですが、ストーリーのベースとなっているのは「三国志演義」なんです。原作の「天地を喰らう」は、天界や魔界が登場するなど、かなり三国志の世界から離れたオリジナル色が強い内容だったのですが、このゲームは「三国志演義」に沿ったストーリーで展開されていきます。ですから、原作よりも「横山光輝 三国志」や、NHKの「人形劇 三国志」に近いストーリーですね。

スタート時の舞台となるのは劉備・関羽・張飛が義兄弟の契りを結ぶ「桃園の誓い」。ここから黄巾賊を討伐し、董卓や袁術といった敵たちを倒していく事でゲームが進行していきます。

三国志のゲームというと、その内容からアクションゲームかシミュレーションゲームがほとんどで、RPGというジャンルになることはほとんどありませんので、貴重な存在といえます。

このゲームは数々の独自システムを搭載しています。一番の特徴は「兵士数」ですね。このゲームでは普通のRPGで「HP」にあたるものが「兵士数」なんです。兵士数は上限がレベルアップすると増えていき、敵の攻撃を受けると減っていき、0になると武将が戦闘不能になってしまうという、まさに「HP」と同じ役割を果たしています。唯一違うのは兵士数が減ると、攻撃力も減少するといったシステムですね。普通のシミュレーションゲームでは兵士数が減少した場合は徴兵を行うことにより回復するのですが、このゲームではなんと宿屋に泊まると一晩で最大値まで回復してしまうのです(^^;)。まあかなり非現実的な設定ではあるのですが、お手軽なシステムなので個人的には好きです。

普通のRPGに無くてはならない「魔法」ですが、このゲームでは「策略」として再現しています。SP(策略ポイント)というものが存在し、このポイント内で策略が仕えるというわけですね。効果は普通のRPGにあるような、攻撃力アップ、敵全体にダメージ、HP(兵士数)回復、といった効果のものがほとんどで、三国志の世界観からはちょっと外れている気がしないでもないですが、これはこれで面白いです。

三国志の魅力といえば数多く登場する魅力的な武将が挙げられますが、このゲームでも200名を超える武将達が登場します。敵として登場するだけでなく、このゲームでは大多数の武将を味方にする事ができるというのが大きな魅力です。つまり、劉備・関羽・張飛・孔明といったお馴染みのメンバー以外にも、李儒・華雄・魯粛・夏侯淵などといった劉備軍と敵対している武将達も仲間に引き入れて戦うことが可能です。これらの武将はランダムエンカウントで遭遇するので、撃破すると戦闘終了時に仲間に誘う事が可能なんです。なお、今後固定キャラとして出番が残っている場合や、董卓や袁術のような君主クラスの武将は仲間にできません。

この仲間システムはかなり面白いですね。当時のRPGで敵を仲間にできるゲームは女神転生ぐらいしかなかったもんですから、かなり魅力的でした。次回作の「天地を喰らうII 諸葛孔明伝」では、仲間にできるのが実際に劉備の配下になった武将のみと制限されてしまったので、そういった意味でもこの作品は貴重だといえます。ただ、難点なのは主要キャラ以外の武将(関羽や張飛など)以外は兵士数がレベルアップしても伸びないので、中盤以降は出番が少なくなることでしょうか。

細かいところでは、キャラの足がやたらと速いという特徴もありますね。当時のドラクエと比較すると2倍の移動速度ですので、非常に快適に移動ができます。あまりの速さと快適さに、当時はかなり話題になったもんです(^^;)。90年代以降のRPGではこのスピードが標準となったようで、このゲームは時代を先取りしていたといえますね。

戦闘システムは、スタンダードなRPGに近く、ソツの無い出来で遊びやすいです。なおかつ、オートバトルも用意されているので快適ですね。三国志のゲームの戦闘シーンでありがちな面倒なマス目移動もありませんので、サクっと戦闘が終わります。

ゲームバランスもかなり良好で、経験値稼ぎをしなくてもテンポよくサクサク進んでいくのもいい感じですね。あまりのテンポの良さに、時間を忘れて遊んでしまう魅力があります。

また、BGMのクオリティも非常に高いです。特に私は敵将と戦う時のBGMが好きで、今でも時折口ずさんでしまう事があるほどです。

私はたまにNHKで放映されていた「人形劇 三国志」のDVDを見るのですが、これを見るたびについついこのゲームをやりたくなってしまうんですよね。普通の三国志のゲームだと、内政や兵の訓練といった作業的な要素が多く、あまりやる気がしないのですが、このゲームは面倒な要素が一切存在しないRPGですので、気軽に三国志の世界が堪能できるのが魅力です。

しかし、今プレイするとストーリーはかなりツッコミどころが多いですね。「三国志演義」では悪役に設定されている曹操が病死するまで劉備軍の味方としてストーリー上協力してくれるんです。蜀(益州)を手に入れた後に劉備が「曹操どのが帝を守ってくれるから安心だ」とか言うセリフもあるぐらいですし。その他にも、孫権が孫策を暗殺して国を乗っ取ったり、司馬懿がクーデターを起こして曹丕を殺し、国を乗っ取ったりといった具合に、このゲームの終盤はかなりオリジナリティ色が強くなりますね。なお最後は劉備軍が天下を統一するという非現実的(?)な結末になっています。

ところでこのゲーム、私が三国志に触れる初めてのきっかけとなった思い出のゲームだったりします(^^;)。

上級者向けプレイについて

普通にプレイすると、五虎将軍(とその息子)でパーティーを組んでクリアするというのが普通なんですが、あえて五虎将軍を極力使わずにクリアを目指してみるというのも面白いです。あえて命名するとすれば、野良武将縛りといったところでしょうか。

コツとしては、途中で関羽と張飛が離脱したときに、張包と関興を仲間にしないことです(パーティーから外せなくなるため)。これで、かなり自由にパーティーを組むことが可能です。

難易度的には意外と高くなく、普通にプレイできるんですが、さすがにラストバトルになってくるとなかなか難しくなります。クリアするには、司馬師、司馬昭を倒したらわざと全滅すること(再登場しなくなるので、連戦を避けられる)、かいしんたんを買い込んでおくこと、1ターン目から「さくめんのけい」を使っていくことなどがコツになります。

私の最終パーティー↓

張遼
曹彰
夏侯惇
太史慈
典韋
(軍師)諸葛亮

未経験の人は一度こんなプレイをしてみてはいかが?

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
天地を喰らう

天地を喰らう全巻セット

三国志 (横山光輝)全巻セット
NHK「人形劇 三国志 全集」
横山光輝 三国志 DVD-BOX 12枚組 (第1話〜第47話)

関連サイト
MILK BAR 〜 P.M 11:00 〜
天地を喰らうの攻略サイトです




レトロゲーム辞典 た〜とに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system