レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

ワンダーモモ

記念すべき、レトロゲーム辞典一発目の記事がワンダーモモとなりました(^^;)。やっぱり、なんだかんだで結構好きなんですよね、このゲーム。ワンダーモモは、1987年にナムコからアーケードゲームとして発売され、その後PCエンジン版と、プレステのナムコミュージアム版が出ました。ナムコミュージアムアンコールに、ワンダーモモが移植されています。

このゲーム、実はリアルタイムでプレイしたことが無いんですよ。いや、いきつけのゲーセンには置いてあったんですが、となりに置いてあったファンタジーゾーンばかりプレイしていて…。もちろん、ファンタジーゾーンがとてつもなく素晴らしいゲームだったのが最大の要因ですが、ワンダーモモのいかがわしいオーラに威圧されてしまったのもまた事実(^^;)。

そんなこんなで、実際にプレイしたのは「ナムコミュージアム アンコール」版まで待つ事になります。前々から「操作性が悪く、ごく一部のマニアしか楽しめなかったゲーム」との噂を聞いていましたが、実際にプレイしてみると………事実でした(笑)。特に逆方向に移動する時に正面を向いてしまうのがクセモノで、逆方向に敵出現→振り返って攻撃しようとする→しかし開脚キックが出てしまう→その隙に敵にリンチにされて死亡、なんてパターンは日常茶飯事だったり…。

でも、妙な魅力があるんですよ、このゲーム。演劇が舞台(なんか微妙な日本語ですが)というのも斬新ですし、特撮ヒーローっぽい設定も魅力的。典型的な特撮ヒーローは、最初は生身の状態でザコを倒していって、その後変身して、ちょっと強い怪人のような敵と戦い倒してEND、という流れがベタなところですが、ワンダーモモはこの流れをゲーム上で味わえます。チビっ子の頃に特撮物を見て「なんでザコと戦う時に生身の状態で戦ってるんだろう?さっさと変身すればいいのに」などと思っていましたが、そうです、あれはワンダーメーターを溜める作業だったんです(嘘)

なんだかんだで、このゲームが気に入ってプレイしていくうちにノーコンティニュークリアが出来るようになったんですよね。慣れとは恐ろしいもんです。

そういえば、タイトル画面でモモが叫ぶ時のSEは源平討魔伝の虎と同じみたいですね。

当サイトにも攻略ページがありますので、よかったら見てやってください。

当サイトの攻略ページ

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
ナムコミュージアムアンコール




レトロゲーム辞典 わ〜んに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system