レトロゲームしま専科

このサイトは、レトロゲームの攻略とレビューを中心にしたゲームサイトです。

夢工場ドキドキパニック

夢工場ドキドキパニックは、1987年にフジテレビからファミコンのディスクシステム用ソフトとして発売されました。

そもそも「夢工場」とは、フジテレビが1987年に主催していた「コミュニケーションカーニバル 夢工場'87」という博覧会もどきのようなイベントのことで、夢工場ドキドキパニックもそのイベントのタイアップ的な商品として投入されたゲームなんです。

こう聞くと、テレビ局が勢いだけで適当に作ったクソゲーといった感も否めないのですが、実はこのゲームは任天堂の「スーパーマリオブラザーズ」のスタッフが製作しているんですよね。ですので操作性やゲームバランスが非常に良く、ファミコンのディスクシステムのゲームの中ではトップクラスの面白さを誇るアクションゲームに仕上がっています。

ゲームの基本システムとしては、スーパーマリオに似た横スクロールアクションゲームではありますが、主人公には夢工場のイベントのキャラクターである「イマジンファミリー」が登場します。ファミリーというだけあって、一家四人の中から好きなキャラクターを選べるという非常にユニークなシステムになっているんです。キャラによって力が強い、ジャンプ力があるといった個性があるので、選んだキャラによってゲームの展開が変わってくるのが面白いところです。

その他に、スーパーマリオには無かったアイデアとしては、アイテムや敵を「引き抜いて持ち運ぶ」事ができるというものですね。特定のアイテムを特定の場所で使うと、難所を楽に突破できたり、ワープゾーンを発見できたりするので、かなり奥深いゲームシステムといえるでしょう。道端に生えている大根を敵にブチ当てる様はかなりユニークです。というか、この世界では、野菜は食べるものではなく、敵にブチ当てるもののようです(^^;)。

このゲームは操作性も良く、難易度のバランスも優れており、奥深さもあるので相当面白いですね。下手すると、スーパーマリオシリーズよりも面白いかもしれないです。

このゲームの出来の良さが評価されたのか、それともスーパーマリオ2の凶悪な難易度が非難されたのか、事情は良くわかりませんが、海外では「夢工場ドキドキパニック」のキャラクターをマリオたちに差し替えたものが「スーパーマリオブラザーズ2」として発売される事になりました。「日本版マリオ2」を海外の人たちがプレイするのは「海外版スーパーマリオコレクション」まで待たなければならなかったというわけですね。

その「海外版マリオ2」を日本に逆輸入したのが「スーパーマリオUSA」というゲームです。このゲームは1992年にファミコンで発売されましたし、スーファミで発売されたスーパーマリオコレクションにも収録されています。

スーパーマリオUSAでは、今まで拉致される事しか仕事が無かったキノピオとピーチ姫を主人公として選ぶ事ができるのが特徴ですね。ドレスを着たまま飛び回ったり、野菜を敵にブチあてたりするピーチ姫の雄姿はなんともシュールです。というか、夢工場のリーナと同じく空中浮遊の能力を持っているのでマリオより使いやすかったりします。こんなに強いんなら、何で毎回クッパにサクっとさらわれるんだろう?という疑問もでてくるのですが、そこはあまりツッコんではいけないところでしょうか。

スーパーマリオUSAは、スーファミで発売されたスーパーマリオコレクションに収録されていますし、「スーパーマリオアドバンス」というタイトルでゲームボーイアドバンスに移植されています。また、Wiiのバーチャルコンソールにも対応していますね。しかし、夢工場ドキドキパニックのほうはまったく移植されておらず、Wiiのバーチャルコンソールにも対応していません。個人的には、BGMや効果音にディスクの拡張音源をうまく使っているぶん、夢工場の方が好きなんですが…。

関連商品(Amazonの商品ページにジャンプします)
スーパーマリオUSA
スーパーマリオコレクション
スーパーマリオアドバンス(GBA版)
Wii(バーチャルコンソールで、スーパーマリオUSAがプレイ可能)




レトロゲーム辞典 や〜よに戻る

トップに戻る
メニュー

inserted by FC2 system